スポンサーリンク

「不採算」と「赤字」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不採算」と「赤字」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不採算」「赤字」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

これから取り上げるこの言葉の違いや使い方をマスターして、あなたの生活がより豊かになるお手伝いができれば嬉しく感じます。

スポンサーリンク

「不採算」とは?

最初に「不採算」の意味をご説明致します。

「不採算」の意味としては、基本的に借金がある状態や、借金がなくてもカツカツという意味だと理解してください。

もっと詳しく意味を見ていきますと、収入があっても出ていくお金の方が多いという意味です。

例えますと20万円の給料があっても、出ていくお金が25万円という感じになりますので、是非とも覚えておいてください。

「赤字」とは?

次は「赤字」の意味を解説していきます。

「赤字」の意味とは、上の意味と殆んど同じ意味になります。

場合によっては、「赤」と表現しますし、赤ペン等で書いた文字の意味としても用いますので、把握しておいてください。

「不採算」と「赤字」の違い

ここの項目にて「不採算」と「赤字」の違いを見ていきましょう。

取り上げているこの言葉の違いを理解していくには、上で解説した意味を照らし合わせて、自分で言葉を組み合わせてみることで違いが分かってきます。

「不採算」とは、入って来るお金よりも出ていくお金の方が多いという意味になります。

借金があったり、借金がなくてもカツカツで貯金等を切り崩している状態です。

「赤字」は、上の「不採算」と殆んど同じ意味になりますが、業態によっては「赤」と言ったり、赤ペン等で書いた文字を表現する時にも使いますので、参考にしておいてください。

「不採算」と「赤字」の使い方の違い

次は「不採算」「赤字」の使い方を説明します。

前者を使う時は、「毎月、不採算なので夫に相談しても何も対策してくれない」と使えます。

後者の場合は、「このままだと3000万円の赤字になってしまう」と使えますので、是非とも把握しておいてください。

「不採算」を使った例文

・『家計が不採算なのでパートに出ようと思う』
・『不採算の打開策としては、収入と節約の両立である』
・『不採算続きではビジネスにも支障が出てくる』
・『不採算だとモチベーションも下がってしまう』
・『不採算にならないように社長がいつも対策している』

「赤字」を使った例文

・『鮮魚便が間に合わないと、1000万円の赤字になってしまう』
・『赤字にならないようにコスト削減している』
・『赤字になると従業員の給料が確保できない』
・『去年は赤字だったが、今年は黒字になった』
・『このままだと赤字になるので、何か良い案はないか』

「まとめ」

まとめとして、「不採算」「赤字」というのは、基本的に入るお金よりも出ていくお金の方が大きいという事です。

少しだけ言い方が違うものだと理解されると、非常に使い勝手の良い言葉になるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典