スポンサーリンク

「人命」と「人生」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人命」と「人生」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人命」「人生」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人命」とは?

「人命」は、人の命そのものを意味する言葉です。

そのため、使い方は限られており、他者の命をどう扱うか、ということでしか使用することができない言葉になります。

例を挙げれば、人命救助や、人命軽視などが他人の命をどうするかを述べているのです。

「人命」の使い方

「人命」というお言葉の使い方ですが、他人の命をどうするかです。

例を挙げますと、人命救助や人命尊重などは他人の命を助ける行為で、人命無視や人命軽視は他人の命を軽んじているとします。

「人生」とは?

「人生」は、対象となるものの生れてから、死亡するまでの間の物語をさします。

そのため、どういった「人生」であるかを対象者が述べればおおよそ、どういった生活やどういったプロセスで現在に至るまで存在していたかを知ることができるのです。

「人生」の使い方

「人生」は、他人の一生や自分の一生を言い表す言葉で、使用法は、他人や自分がどのような生活を送って今に至るかを示す言葉です。

例を挙げれば、苦難の続く人生とした場合、対象者は苦労をした経験が続いている生活をしてきたとします。

「人命」と「人生」の違い

「人命」「人生」の違いですが、他人や自分の命とどう向き合うかが「人命」「人生」は一つの物語です。

そのため、両者に違いを見出すとすれば、他者の命と向き合うか、他者の生れてからこれまでの経験であるかという違いになります。

「人命」の例文

・『人命がどうなろうと知ったことではない』
この例は、他者の命がどうなろうと知りはしないという例です。

「人命」は、他者や自分の命にがどうなるかを問う言葉でこの場合、他者の命が失われようがどうでもよいという意味になります。

・『人命を尊重し、救助に費やします』
この例は、人の命を大切にして、救助活動に専念するという例です。

おそらく、救助活動をなりわいにしている、人物の考え方であると思われます。

「人生」の例文

・『人生、お金が物をいう』
この例は、生れてから現在に至るまで、お金がすべてであるとする例です。

「人生」は一生を示す言葉なので、この対象者の場合、お金に執着していることが分かります。

・『人生山あり谷あり』
この例は、人間の一生は、山登りのように険しく、時には谷底を転げ落ちるようなものであるとした例です。

この言葉は、そうした困難に直面しても、這い上がることができなければならない、という教訓を映し出しています。

まとめ

「人命」「人生」の違いは、他者や自分の命がどうであるかと、自分や他社の生れてから現在に至るまでがどうであるかという違いです。

「人命」は他人や自分の命に関して、どう関与するかが主であるため、頻繁に使用する言葉ではないです。

一方、人生はというと、その人、もしくは自分の生れてから現在に至るまでの生活を表しますので、多様性が高い言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典