スポンサーリンク

「和尚」と「住職」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「和尚」と「住職」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「和尚」「住職」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「和尚」とは?

「和尚」とは、修行を積んだ一人前の指導的な役割を果たす僧侶の敬称です。

この「和尚」は仏教の起源であるインドのサンスクリット語のウパードヤーヤが訛ったものとされています。

この「和尚」の読み方は、宗派によって異なっており、禅宗や浄土宗では「おしょう」と呼びますが、法相宗や真言宗や律宗などでは「わじょう」呼び、天台宗では「かしょう」と呼ばれています。

また浄土真宗では「和尚」は使われないのが普通です。

出家して仏門に入った人は僧侶となります。

僧侶はお親しみを込めての呼称である「お坊さん」と同義語です。

僧侶となり、修行を積んで一人前となると、若い僧侶を指導する立場へと格が上がります。

こうした一人前の僧侶で、指導的な立場のの格の僧侶や大寺院の高僧を、一般的には「和尚」と敬称するのです。

「住職」とは?

「住職」とは、自分のお寺に住み込んで、管理や維持運営なども行う僧侶を指す言葉です。

すなわち、「住職」とは、僧侶としての格式ではなく、その寺院に住み込み、管理や維持運営を担う僧侶の役割を指す言葉と言えるです。

「和尚」と「住職」の違い

「和尚」とは、修行を積んだ一人前の指導的な役割を果たす僧侶の敬称であり、住職」とは、自分のお寺に住み込んで、管理や維持運営なども行う僧侶の役割を指す言葉であり、違う意味の言葉なのです。

しかし、一般的には「和尚」「住職」が同義だと認識している人が少なくありません。

これは、「住職」を務める人は、修行を終えた一人前の僧侶、すなわち「和尚」と呼べる格の僧侶が務めるのが一般的だからです。

すなわち、僧侶が一人の寺院では、「住職」=「和尚」の格と言えるからです。

一方で、僧侶が数名いるような寺院では、「住職」は、もちろん「和尚」ですが、「和尚」「副住職」を務めている事もあり、指導的な格の僧侶が何人も居られる場合もあり、「住職」=「和尚」が成り立たない事もあるのです。

また寺院によっては、そこに住み込んでいる「和尚」が居られず、法要等がある時に、別の寺院から出向いて務められる事もありますが、その場合にはその僧侶が「和尚」であっても、出向いた先の寺院の住職ではないのです。

また「和尚」と言う敬称は、宗派によって読み方も違い、またその用語を使わない宗派もあるため、「和尚」と言う言葉を使う際には注意が必要です。

小さな寺院で、僧侶が一人の場合には、僧侶を呼ぶ際には、「ご住職」と呼ぶ方が無難と言えますし、葬儀会館等では、通夜葬儀を担ってくれる僧侶の事を「お寺さん」と呼称して間違いが生じないようにしている所も見受けられます。

まとめ

「和尚」とは、修行を積んだ一人前の指導的な役割を果たす僧侶の敬称で、宗派によって読み方が違ったり、また宗派によってはこの敬称を使わない場合もあります。

いずれにしても、「和尚」は僧侶の格を表す言葉と言えるのです。

一方の「住職」とは、自分のお寺に住み込んで、管理や維持運営なども行う僧侶の役割を指す言葉であり、僧侶の役割を表す言葉なのです。

従って、2つの言葉は、違う意味の言葉なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典