スポンサーリンク

「決済」と「取引」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「決済」と「取引」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「決済」「取引」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「決済」とは?

「決済」は商品やサービスを利用した際サービスや商品を提供している事業者に見返りである現金を渡すことを「決済」と呼びます。

このとき、支払い義務が生じるのはサービスや商品を購入した側にあるため、「決済」を行うのはサービスを提供している側ではなく、利用者が行います。

「決済」の使い方

「決済」という言葉の使い方は、サービスや商品を購入した際に、最終的にサービスや商品提供者に支払うお金を「決済」という言葉を用いて表現します。

「決済」は絶対的に見て必ず対価に対して報酬を支払うという原則のもとに成り立っているため、この支払を行わない場合、「債務不履行」となり契約を守らなかったとし、対象人物に対して支払い義務を放棄したとみなし、ペナルティを貸すことができるのです。

なお、このペナルティですが、ペナルティは提供者側に決定権があり、損害賠償のほか、強制的にサービスの打ち切りや商品提供の打ち切りも可能です。

「取引」とは?

「取引」は対価を得ることや自身が受けた罰を軽減する処置を了承してもらうことになります。

ここでいう罰については、「債務不履行」などに陥った場合、支払い能力が無くなった際これまでの取引をなかったことにするなどある程度こちら側の都合を考えてペナルティを軽くしてほしいという願いも「取引」になるのです。

「取引」の使い方

「取引」という言葉の使い方ですが、どちらかが一方的に得をするような内容を飲ませることにもこの言葉を使用して「取引」とします。

また、「裏取引」という方法も一種の「取引」で公の場でとても堂々と対価を受け取ることができない「取引」というものも存在しています。

「決済」と「取引」の違い

「決済」はサービスや商品を与える側に支払うべき対価で、この支払に応じなければ、提供者は「債務不履行」であるとみなし、対象者を訴えることが可能です。

一方、「取引」はというと、どちらか片方だけが得をすることが許されており、一方的にこちらの都合を押し付けることができるという違いがあります。

ですので、「取引」という言葉のほうが相手の方を出し抜く力があればより自分に都合の良い条件を課すことができるのです。

まとめ

「決済」「取引」の違いですが、自分の都合の良い方向に物事を持っていくことができるのが「取引」で、「決済」は両者が得にならないと「決済」は成立しないとするとよいでしょう。

そのため、「決済」は自分の都合で支払うべき金額をおまけしてもらうことができませんが、これを「取引」を持ちかけることで自分の支払うべき金額をおまけすることが可能で、「取引」という言葉のほうが自分の都合に応じた内容に取り決めを変更できるといってよいでしょう。

ただ、「取引」が成功するかどうかは未知数で、場合によっては自分の都合のよい「取引」を持ちかけたことで相手の印象を大きく悪くしてしまうことがあるため、印象を悪くしたくないのであれば素直に「決済」に応じるのが正しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典