スポンサーリンク

「特定口座」と「一般口座」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「特定口座」と「一般口座」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「特定口座」「一般口座」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「特定口座」とは?

「特定口座」は源泉徴収ありと無しを選択可能な講座で主に株式取引に使用する講座です。

この講座の利点は、利用者が確定申告を行うか、行う必要性がないという利点があり、源泉徴収ありとしている口座であれば利用者は自ら確定申告を行う櫃王政がないという利点が存在しているのです。

「特定口座」の使い方

「特定口座」は確定申告が煩雑になりやすい収益を得る場合使用する講座です。

例を挙げれば株式投資などその日に価格が変動し利益が自由に変化するものなどは確定申告が煩雑になるのですが、源泉徴収をありとした、「特定口座」を利用することで確定申告が煩雑になるという問題を解決することが可能です。

「一般口座」とは?

「一般口座」とは確定申告を必要とする口座で投資に用いる口座です。

ただし、確定申告が煩雑になりやすいという性質上、株式投資を行う人物からは敬遠されている口座でもあり、こちらの口座を用いて株式投資を行う人はまれです。

「一般口座」の使い方

「一般口座」はいまだに「一般口座」でしか株式投資を行うことができない銘柄において有効な講座で、ある意味「一般口座」でしかやり取りできないが故仕方なく所有している口座です。

そのため、使い方については、「一般口座」は仕方なく使用している口座で、株の銘柄が「特定口座」に対応した場合、存在価値がない口座であるといえます。

「特定口座」と「一般口座」の違い

「特定口座」「一般口座」の違いは源泉徴収を銀行側が自動で行うかそうではないかです。

また、「一般口座」を必要とする理由は、株式投資で投資先の会社が「一般口座」を指定している場合、取引を行うためには「一般口座」でしか受け付けないため、「一般口座」を必要としていますが、実際にはだんだんと「特定口座」に対応している銘柄が増えているため、その存在は不必要であるとすら言われています。

そのため、違いは、源泉徴収による確定申告を自動で行うか自らが行うかという違いがあるのです。

まとめ

「特定口座」「一般口座」の違いですが、確定申告に必要な書類群を自動で作成するかしないかです。

自動で作成をするのは、「特定口座」になり、こちらは銀行側がそれぞれ源泉徴収を行い資料を作成するため、確定申告の必要性はなくなります。

ただ、問題においては所得が低い場合でも自動で確定申告による納税を行うため、場合によっては必要ではない税を納めるというのが「特定口座」の問題点です。

また、「一般口座」の必要性ですが、これは、いまだに「一般口座」以外の口座による株式投資のやり取りを行っていない企業も存在しているため、いまだ「一般口座」での株式投資があるため使用されている口座の一つに「一般口座」があるため、多くの方は仕方なく「一般口座」も保有しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典