スポンサーリンク

「生配信」と「生放送」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生配信」と「生放送」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生配信」「生放送」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「生配信」とは?

「生配信」は、インターネット回線などを通じて特定多数に動画コンテンツを、編集せずに提供することです。

放送を編集した場合、「生」である部分が薄れ、ただの配信となるため、「生配信」とは無編集である必要性があります。

「生配信」の使い方

「生配信」の使い方は、動画配信者が編集をしなければ、「生」扱いとなり、ノーカット動画であるとします。

その為、絶対に「生配信」を名乗る場合、動画は無編集であることが条件です。

これに違反した場合、ただの編集動画となり、「生」の動画コンテンツではなくなります。

「生放送」とは?

「生放送」は公共の電波を利用し、放送権があるものや放送権がない物を提供することです。

注意すべくは、公共の電波を使用している点、その上で放送権がない場合も放送することができる点が挙げられており、場合によっては映ってはいけないものが映り問題となることもあります。

「生放送」の使い方

「生放送」という言葉の使い方は、公共の電波で見る動画コンテンツが無編集である場合、「生放送」を名乗れます。

ですが、稀に、「生放送」ではないものを、「生放送」であると放映し、問題になることもあります。

「生配信」と「生放送」の違い

「生配信」「生放送」の違いは、提供する放送局が公共電波であるか、ただのインターネット通信網であるかです。

その為、「生配信」は誰でもやろうと思えば可能で、要は編集をしなければ、「生」という扱いになるのです。

一方、「生放送」はというと誰でも公共の電波を使用することはできませんので一部の者だけが可能です。

これを、誰もが簡単に公共電波を使用した場合、コマーシャルや民間の番組が成り立たなくなり、放送どころではなくなり、法律にも触れます。

ここでいう法律とは、放映権のことや電波法のことを指し、勝手に他局の電波を乗っ取り、自由に動画コンテンツを放送してはいけないという法です。

これに違反した場合、対象者は処罰を受け、テレビ局もまた、電波法を厳守しない場合、法律に違反したことで曲の電波を取り上げるというペナルティを受けます。

まとめ

「生配信」「生放送」の違いは、公共の電波を使用するか、インターネット通信網を利用するかです。

また、誰でも参加可能であるインターネットの「生配信」は公共の電波ではありませんので通信網を不正に利用することが不可能ですが、だれでも自由に生で番組を提供可能です。

一方、「生放送」はテレビ局などが行える権利で、放送局から公共電波を用いて様々な番組を放送するのですが、問題については電波法に違反した場合、放映権利を取り上げることができます。

その為、番組上ふさわしくない発言の他、うその情報を流すなどをしたり、第3者が放送局の電波を不正利用した場合、管理責任として放映権を取り上げることがあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典