スポンサーリンク

「自宅待機」と「在宅勤務」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自宅待機」と「在宅勤務」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自宅待機」「在宅勤務」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自宅待機」とは?

「自宅待機」については、労働をしている、もしくはしていないものが自宅で待機をすることを命じれられることです。

待機時には会社側が雇用者に対して命令している場合、休業手当を企業側は必要とします。

「自宅待機」の使い方

「自宅待機」は自ら申し出るのではなく、企業側が言い渡すもので使い方は自宅で待機する、これ以外に該当しません。

企業は、自宅で対象者が待機していることを確認し、休業手当を支払いますので、不用意に待機者が外出した場合、休業とみなさず、不当な休みとするのです。

「在宅勤務」とは?

「在宅勤務」についてですが、企業で執り行っている仕事を、自分の自宅で行うことを「在宅勤務」と呼びます。

その為、近年では、「在宅ワーク」という呼び名があり、自宅で企業から依頼を受けお仕事をすることの意味となりました。

「在宅勤務」の使い方

「在宅勤務」の使い方ですが、企業から依頼を受け、お仕事をしますので、企業とパイプがなければお仕事は成立しません。

その為、多くは、フリーランスのお仕事を斡旋する、サービスを利用し、お仕事を得ます。

「自宅待機」と「在宅勤務」の違い

「自宅待機」「在宅勤務」の違いは、強制があるか、そうではないかです。

「自宅待機」は相手に対し、強要することが可能で、その見返りに対象者は休暇扱いで報酬を頂くことが可能です。

「在宅勤務」は強要はなく、自宅以外でお仕事をしてもフリーランスのお仕事は成立します。

ですが、拠点を、自宅であるとするのが「在宅勤務」になるため、多くは自宅を拠点としているのです。

「自宅待機」の例文

・『今日午後12時をもって自宅待機とする』
この例では、対象者が今日の午後12時に自宅で待機するよう命令されたという例です。

「自宅待機」は強要することができるため、応じない場合、しかるべき処置を企業はとることができます。

恐らく、この対象者は、自宅での謹慎を言い渡された可能性もあります。

「在宅勤務」の例文

・『在宅勤務は人と会うことがない』
この例は、自宅を拠点にお仕事をしている人が例で、自宅で働くと人と会う必要がないという例です。

「在宅」勤務は、自宅を拠点に活動することなので、この場合自宅で働く行為自体が気が楽であるとします。

まとめ

「自宅待機」「在宅勤務」の違いですが、対象者に対し強要することがあるか、無いかです。

その上で、「自宅待機」は企業が言い渡す権利でそれと同時に、言い渡されたものは、有休扱いとなり給料も支払われます。

ですが、「在宅ワーク」は自宅を拠点にお仕事をすることになるため、強制力はなく、別に自宅外でお仕事をしても報酬を頂くことができるのであれば、別の場所でお仕事をしても「在宅ワーク」扱いになります。

つまり、「在宅ワーク」とは、企業以外で働く行為になり、別に自宅で働く必要性も無いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典