スポンサーリンク

「phone」と「スマホ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「phone」と「スマホ」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「phone」と「スマホ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「phone」とは?

「phone」(フォン)は、英語で電話機を意味している名詞です。

また、動詞では電話をかけることも表します。

電話機を意味する単語に“telephone”(テレフォン)もあります。

“telephone”は、“phone”に遠隔を意味する“tele”を付けた単語です。

遠くに音を伝えるというニュアンスを含みますが“phone”が表す電話機と特に意味の違いはありません。

英語で電話機のことを表す時は“telephone”ではなく短い“phone”のほうを用いるのが一般的です。

“phone”は電話機の総称で、携帯電話は英語で“mobile phone”または“cell phone”と呼びます。

固定電話は“land line”あるいは“land phone”となります。

ちなみに“phone”の付く固有名詞では“iPhone”(アイフォン)が有名です。

これはアップル社が開発したスマートフォンの製品です。

アップル社が開発した「iPod」(アイポッド)の派生製品であることからその名称が付けられました。

「スマホ」とは?

「スマホ」「スマートフォン」を略した言葉です。

スマートフォンは、それまで一般的に普及していた携帯電話にオペレーションシステムを付帯させた、性能の高いモバイル端末です。

スマホのひとつ前の世代となる携帯電話は「フィーチャー・フォン」「ガラケー」と呼ばれていました。

大半のユーザーが「スマホ」に移行しましたが、今でも一部のユーザーには根強い人気があります。

スマートフォンは全ての機種を対象とした総称です。

ただし、アップル社が“iPhone”をスマートフォンと呼ばないため、“iPhone”“iPhone”と、それ以外でOSに“Android”を搭載している機種は「スマホ」と呼ばれる風潮が定着しています。

「スマートフォン」が普及した頃は、略したそのままに「スマフォ」とも呼ばれていました。

しかし「スマフォ」より「スマホ」のほうが表記や発音のしやすいため「スマホ」が定着しています。

どちらを使っても間違いにはなりません。

「phone」と「スマホ」の違い

「phone」と「スマホ」の違いを、分かりやすく解説します。

「phone」は電話機、電話をかけることを表す英単語です。

固定電話、携帯電話も含まれます。

「スマホ」はモバイル端末「スマートフォン」の略語です。

「phone」の一種ですが、特定の端末を指すものです。

なお、アップル社の“iPhone”「スマホ」と呼ばず“iPhone”と呼び分けられているため、「スマホ」といえば“iPhone”に対する“Android”機種を指すことも多くなっています。

まとめ

「phone」は広く電話機を指し、「スマホ」はスマートフォンの違う言い方となります。

「スマホ」については“iPhone”「スマホ」と呼ばない暗黙のルールがあります。

「スマホ」と表記されていたら“iPhone”以外の機種を指している可能性も考えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典