スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ナビダイヤル」と「フリーダイヤル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ナビダイヤル」「フリーダイヤル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ナビダイヤル」とは?

「ナビダイヤル」は、「NTTコミュニケーションズが企業向けに提供している『問い合わせ窓口』として使われているサービスのこと」です。

企業などに問い合わせをする時に使われ、「0570」から始まります。

通話料は発信者負担で、携帯電話からかけた場合「20秒ごとに10円」の通話料がかかります。

携帯会社と「かけ放題プラン」を契約している場合でも、「ナビダイヤル」は対象外で課金されます。

携帯電話を使って受注する業者の場合、「ナビダイヤル」にすることで経費節減につながります。

「フリーダイヤル」とは?

「フリーダイヤル」「NTTコミュニケーションズが企業向けに提供している通話サービスのこと」です。

「0120」で始まり、通話料は受信者負担になり、発信者は無料で利用できます。

商品の注文や、会員向けのコールセンターに使われることが多く、つながり易いと言う特徴があります。

企業の負担は増えるのですが、大企業の場合は顧客獲得やサービス向上の為に導入しています。

「ナビダイヤル」と「フリーダイヤル」の違い!

「ナビダイヤル」「0570で始まる通話料が発信者負担のサービスのこと」です。

「フリーダイヤル」「0120で始まるの通話料が受信者負担のサービスのこと」です。

まとめ

今回は「ナビダイヤル」「フリーダイヤル」の違いをお伝えしました。

「ナビダイヤルは0570で発信者負担」「フリーダイヤルは0120で受信者負担」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典