スポンサーリンク

「薄利多売」と「厚利少売」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「薄利多売」と「厚利少売」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「薄利多売」「厚利少売」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「薄利多売」とは?

「薄利多売」は、品物一つの価格は低く抑え、量をたくさん売って儲けを得ることです。

薄利は儲けが少ないとことを意味します。

「薄」には、とぼしい、わずかという意味があり、「利」には、もうけという意味があります。

多売は品物をたくさん売ることを意味します。

「多」には、おおいという意味があり、「売」には、うる、あきなうという意味があります。

「厚利少売」とは?

「厚利少売」は、品物一つの価格が高いものを、少数売って儲けを得ることです。

「厚」には、あつい、あつみがあるという意味があります。

利益があつい、つまり「厚利」は大きな利益といえます。

「少」には、すくない、数や量がすくないという意味があります。

つまり、「少売」は売る量が少ないことを意味します。

「薄利多売」と「厚利少売」の違い

2つの言葉は、儲ける方法が異なります。

「薄利多売」は、一つの品物の価格は安く、それを大量に売ることで儲けを得ることです。

塵も積もれば山となるというように、ひとつひとつの利益は少なくても、たくさん売れば大きな額となります。

「厚利少売」は、一つの品物の価格は高く、それを少数売ることで儲けを得ることです。

まとめ

商売、儲ける方法などに関して使われる言葉で、2つの言葉は儲ける方法が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典