2019-04

スポンサーリンク
意味と使い方

「気遣いがない」とは?意味や使い方を解説

「気遣いがない」について 「きづかいがない」と読む「気遣いがない」とは「心遣いがない」という意味で使われている言葉です。 「気遣いがない」の意味とは 「気遣いがない」という言葉には、「あれこれと気を...
ことわざ・慣用句

「最善を尽くす」とは?意味や使い方を解説

「最善を尽くす」について 「最善を尽くす」こと(さいぜんをつくす)は、とても大切です。 しかし、それによって得られる結果まで「最善」となるかどうかは分かりません。 「最善を尽くす」の意味とは 最善...
意味と使い方

「面目をつぶす」とは?意味や使い方を解説

「面目をつぶす」について この「面目をつぶす」ことにはならないに限ります。 それだけ不名誉だという意味をもった言葉です。 「面目をつぶす」の意味とは 面目をつぶすは、「名誉に傷が付く」という意味で...
意味と使い方

「蔑ろにする」とは?意味や使い方を解説

「蔑ろにする」について 「蔑ろにする」は「ないがしろにする」と読みます。 とても難しい読み方で、一般的に平仮名表記されることが多いのですが、覚えておくと小説などがスムーズに読める様になるでしょう。 「蔑...
ことわざ・慣用句

「快哉を叫ぶ」とは?意味や使い方を解説

「快哉を叫ぶ」について 快哉を叫ぶ(かいさいをさけぶ)は、よほどのことがないと使わない言葉です。 これ以上はないと言えるほどの喜びの表現として使われます。 「快哉を叫ぶ」の意味とは 快哉を叫ぶとは...
意味と使い方

「独自の観点」とは?意味や使い方を解説

「独自の観点」について 独自の観点(どくじのかんてん)は、よくも悪くも使える言葉です。 また、それが面白いといった使い方をされることもあります。 「独自の観点」の意味とは 独自の観点とは、その人「...
意味と使い方

「面目が立つ」とは?意味や使い方を解説

「面目が立つ」について 面目が立つ(めんもくがたつ)は、そうとはならなかったという反対の意味の言葉と共に、それなりに見聞きすることがあります。 「面目が立つ」の意味とは 面目が立つとは、「体面が保た...
意味と使い方

「抜け駆け」とは?意味や使い方を解説

「抜け駆け」について 物事にはそれぞれ順番があり、多くの人はその順番に沿って行動しています。 しかし中にはその中から飛び出して早く行動する人もいます。 そんなときに「抜け駆け」という言葉を用いられます。 使われる...
意味と使い方

「お住まい」とは?意味や使い方を解説

「お住まい」について この「お住まい」は、日常でもよく聞く言葉です。 同じことを聞く場合に、他の言葉より比較的気軽に使えるのが特徴ですが、難しい点もある言葉です。 「お住まい」の意味とは お住まい...
意味と使い方

「払暁」とは?意味や使い方を解説

「払暁」について 「払暁」は、通常「ふつぎょう」と読みますが、小説などでは「払暁」と書いて「あけがた」と読ませる例も少なくありません。 数ある時間帯を表す言葉のひとつとなります。 「払暁」の意味とは ...
スポンサーリンク