スポンサーリンク

「現物取引」と「レバレッジ取引」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「現物取引」と「レバレッジ取引」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「現物取引」「レバレッジ取引」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「現物取引」とは?

「現物取引」とは、「株・外貨・仮想通貨などの保有資産と手持ち資金で実際に売買する取引」のことです。

「現物取引」は自分の持っている資金の範囲内だけで、株・為替・仮想通貨(ビットコインなど)を買ったり売ったりする取引なのです。

そのため、「現物取引」「手持ち資金以上の損失がでないリスクが限定された取引」であると解釈できます。

「レバレッジ取引」とは?

「レバレッジ取引」とは、「株・為替・仮想通貨などの市場で、証拠金を入れることで手持ち資金の何倍もの取引ができる信用取引」のことです。

「レバレッジ取引」とは「テコの原理を効かせたハイリスク・ハイリターンの信用取引」で、価格が上昇すれば大きな利益になりますが、「価格下落時には手持ち資金以上の損失が出て借金になるリスク」もあります。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の違い!

「現物取引」「レバレッジ取引」の違いを、分かりやすく解説します。

「現物取引」「レバレッジ取引」はどちらも「株・為替・仮想通貨など価格が変動するリスク資産の取引方法」ですが、「現物取引」とは「保有資産と手持ち資金で実際に売買する取引、手持ち資金以上の損失がでない取引」を意味しています。

「現物取引」に対して「レバレッジ取引」とは、「証拠金を入れることで手持ち資金の何倍もの取引ができるハイリスク・ハイリターンの取引、手持ち資金以上の損失が出て借金になる恐れがある信用取引」のことを意味している違いがあります。

まとめ

「現物取引」「レバレッジ取引」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「現物取引」とは「株・為替・暗号資産などを実際に(手持ち資金で)売買すること」を意味していて、「レバレッジ取引」「手元にある自己資金(証拠金)の何倍もの金額の売買ができるテコの原理を効かせた取引」を意味している違いがあります。

「現物取引」「レバレッジ取引」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典