スポンサーリンク

androidの「低速充電」と「高速充電」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「低速充電」と「高速充電」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「低速充電」「高速充電」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「低速充電」とは?

「低速充電」は、アンドロイドのスマートフォンの充電形態の一つです。

低速とあるように、充電速度が遅い充電法の一つになり、5W以下の出力、かつ2Aまでの電流を流すことができない充電器を使用するなど、原因の特定を必要とします。

なお、この「低速充電」はあえてスマートフォン側がスマートフォンのバッテリーの健康状態を判断し、「低速充電」を行うこともあります。

なぜなら、スマートフォンに使用されているバッテリーは、リチウムイオン電池であるため、劣化がみられる場合、高速で充電を行うと爆発の恐れがあり危険です。

そうした理由から「低速充電」しかできないとスマートフォン側が判断することもあるのです。

「低速充電」の使い方

「低速充電」の使い方は、5W以下、5A以下の電流の充電器を使用すれば「低速充電」となります。

USBでいえば1.1や2.0あたりがこの電流になり、電流が弱くW数も弱いので「低速充電」となります。

「高速充電」とは?

「高速充電」は、マイクロUSBから高電流を通す充電法です。

利点においては、充電時間が短縮されるという利点がありますが、反面に、バッテリーが高温になりやすいというデメリットがあり、スマートフォン側で電流の流れを調整しなければ、バッテリーが破裂します。

例を挙げれば、過去にスマートフォンのバッテリーが破裂するという問題がありましたが、あれはスマートフォン側のバッテリー制御プログラムがきちんとシステムとして機能していなかったが故に起きた問題です

「高速充電」の使い方

「高速充電」の使い方は、主にスマートフォンの充電速度を速めることです。

アンドロイド形態に使用されている方法で、スマートフォン自体がバッテリーの充電する充電器のパワーを判断し、「高速充電」モードとして機能すれば、「高速充電」に成功したとします。

「低速充電」と「高速充電」の違い

「低速充電」「高速充電」の違いですが、スマートフォン側が対応できる電流量で充電を早く行うか、そうではないかです。

「高速充電」は、高い電流量を使用して充電するため早期に充電ができますが、反面熱を持ってしまうという違いもあります。

まとめ

「低速充電」「高速充電」の違いですが、流れる電流量が異なり、電流量が「高速充電」のほうが多いので、充電速度が速く、バッテリーが早期に充電されます。

半面、「高速充電」は早く充電されますが、バッテリー事態に熱を帯びやすく、リチウムイオンバッテリーのセルを損傷させる可能性もあるため、スマートフォン側が充電時の電流量を調整してあげる必要性があり、それができなかった場合、電池が発熱し、延焼、そして破裂して大けがにつながることもあるのです。

そのため、アンドロイドのスマートフォンでは、安全が確保できないバッテリーであるとスマートフォンが判断した場合、「低速充電」で安全に充電を行うのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典