意味と使い方

意味と使い方

「腕利き」とは?意味や類語!例文と解釈

「腕利き」とは? 「腕利き」という表現は、「ある分野(職業分野)における技術・能力・実力が非常に優れていること。 技術・能力が優れている人」や「仕事・物事を成し遂げる腕が優れていること」を意味しています。 「腕利き...
意味と使い方

「従順」とは?意味や使い方!例文や解釈

「従順」とは? 「従順」には「相手の言うことを聞いて逆らわない様子」という意味があります。 「従順」の読み方 「従順」の読み方は、「じゅうじゅん」になります。 「従順」の表現の使い方 ...
意味と使い方

「活躍」とは?意味や使い方!例文や解釈

「活躍」とは? 「活躍」という表現は、「めざましく活動して成果・業績を上げること」や「大いに活動して手腕を振るうさま・実力を発揮するさま」を意味しています。 「活躍」という言葉の書き言葉(文語)の意味として、「活発に...
意味と使い方

「見捨てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見捨てる」の意味 「見捨てる」というのは「捨てて顧みない」という意味です。 「見ていながらそのままにしておく」という意味もありますし、「世話をしたり関係を保ったりするのをやめる」「見限る」という意味もあります。 ...
意味と使い方

「熱い視線」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「熱い視線」の意味 「熱い視線」とは「熱意や情熱が感じられる眼差し」を意味する言葉です。 「熱い視線」の読み方 「熱い視線」は「あついしせん」という読み方になりますので、ここで正確に読めるように押さ...
意味と使い方

「出し惜しむ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「出し惜しむ」の意味 「出し惜しむ」とはお金、物、力などを出すことを惜しいと思うこと、出し渋ることを言います。 「出し惜しむ」の読み方 「出し惜しむ」の読み方は、「だしおしむ」になります。 ...
意味と使い方

「目に余る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目に余る」とは?意味 「目に余る」には、「程度がひどくて、黙って見ていられないほどだ」という意味があります。 また「数が多くて、一目で見渡せないほどだ」という意味があります。 「目に余る」の読み方 ...
意味と使い方

「断崖絶壁」とは?!意味や解説

「断崖絶壁」とは? 「断崖絶壁」とは、ほとんど垂直と言える崖のことです。 日本でも波打ち際にいくつか存在しており、福井県の東尋坊や島根県の摩天崖が有名です。 後者はドラマのロケ地としてもよく使われており、犯人を崖ま...
意味と使い方

「打ち損ない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「打ち損ない」とは?意味 「打ち損ない」には、「球などを上手く打てない」という意味があります。 「打ち損ない」の読み方 「打ち損ない」の読み方は、「うちそこない」になります。 「打ち損...
意味と使い方

「枚挙に暇がない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「枚挙に暇がない」とは?意味 「枚挙に暇がない」には、「たくさんありすぎて、いちいち数えきれない」という意味があります。 「枚挙に暇がない」の読み方 「枚挙に暇がない」の読み方は、「まいきょにいとま...