意味と使い方

意味と使い方

「大きく超過」とは?意味や使い方を解説

「大きく超過」について 日本語には「重言」(じゅうげん)という、あまり好ましくない表現があります。 この「大きく超過」もその1つだと思われているかも知れませんが、決してそうではありません。 「大きく超過...
意味と使い方

「無上の喜び」とは?意味や使い方を解説

「無上の喜び」 「無上の喜び」は「むじょうのよろこび」と読みます。 日常的に使われているお馴染みの言葉ではないでしょうか。 「無常の喜び」と間違われることもある言葉ですが、「無上」と「無常」では全く意味が違ってしま...
意味と使い方

「ぬかりない」とは?意味や使い方を解説

「ぬかりない」について ぬかりないという言葉は日常的にもあらゆる場面で使われています。 ビジネスの場面ではぬかりない準備が大切ですね。 ここではぬかりないという言葉について紹介します。 「ぬかりない」...
意味と使い方

「滑らか」とは?意味や使い方を解説

「滑らか」について 「滑らか」は「なめらか」という読み方をするのが一般的ですが、他にも「すべらか」という読み方もあり、どちらも間違いではありません。 「滑らか」の意味とは 読み方は2通りあるものの、...
意味と使い方

「必要に迫られる」とは?意味や使い方を解説

「必要に迫られる」について 「必要に迫られる」は「ひつようにせまられる」と読みます。 日常生活やビジネスでよく使われる言葉ですので、正しい意味を覚えておきましょう。 「必要に迫られる」の意味とは ...
意味と使い方

「恥じらう」とは?意味や使い方を解説

「恥じらう」 恥じらうという表現は恥ずかしがるという意味です。 羞じらうという漢字を使うこともあります。 日本文化においては恥じらいが大切だとも言われていますので、この言葉はよく聞いたことがあるという人もいるかもし...
意味と使い方

「今日日」とは?意味や使い方を解説

「今日日」 今日日というのは「きょうび」と読み、きょうこの頃という意味を指します。 吉本新喜劇などではよく使われる表現であり、関西弁を使う地域では日常的に使われています。 今日という特定の日を指すのではなく、今日こ...
意味と使い方

「感情が高ぶる」とは?意味や使い方を解説

「感情が高ぶる」について 感情が高ぶるという表現を聞いたことがあるでしょうか。 子供の入学式や卒業式で感情が高ぶる、合格の知らせを聞いて感情が高ぶる、結婚式等において感情が高ぶる、などという経験をしたことがある人もい...
意味と使い方

「以ての外(もってのほか)」とは?意味や使い方を解説

「以ての外(もってのほか)」 もってのほかというのは思いもよらないこと、以外、あるいはとんでもないことや言語道断という意味を持っています。 一般的には言語道断という意味で使われることが多く、名詞や形容動詞として使われ...
意味と使い方

「色々大変だと思いますが」とは?意味や使い方を解説

「色々大変だと思いますが」 「色々大変だと思いますが」は「いろいろたいへんだとおもいますが」と読みます。 ビジネスでもよく使われる言葉ですが、日常的にもよく耳にする言葉ではないでしょうか。 トラブルを抱えている相手...