スポンサーリンク

FXの「デモトレード」と「本番」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「デモトレード」と「本番」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、FXの「デモトレード」「本番」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

FXの「デモトレード」とは?

FXの「デモトレード」とは、仮想の金銭や通貨を使い、無料でFXの疑似取引が行えるシステムを指します。

仮想上でのお金を使用するため、利益を出した場合でも実際にお金をもらえるわけではありませんし、損失を出してしまっても実際にお金を支払う必要がありません。

FXトレードの経験のない初心者が、いきなり現金を利用したトレードをしてしまうと、思ってもみない損失を出してしまう可能性もあるため、ゲーム感覚でFXトレードというものはどのような物かを勉強するためにも練習しておく必要があるのです。

「デモトレード」は、実際にお金を使用していないため、利益を出しても充実感のような物は得られないかもしれませんが、逆にリスクの高い取引に挑戦する事もできるため、どうすれば成功し、どうすれば失敗してしまうのかノウハウを学べます。

ほとんどのFX取引会社はこの「デモトレード」を導入しているため、これからFXトレードをやってみたいと考えている方は、まずこの「デモトレード」から挑戦すると良いでしょう。

その上でこの「デモトレード」で使われるシステムについて、実際に使うシステムと同様のものとなっている物を選ぶことで、自分に合った取引会社を選別する事も可能です。

FXの「本番」とは?

FXの「本番」とは、実際に自分の資金を用いてFXトレードをする事を指します。

実際に資金を使用した取引となるため、非常に大きいリスクを伴う事を常に考慮しなければいけません。

損失が発生すればもちろん資金は減りますし、成功すれば資金は増加します。

一見、ギャンブル要素が強いと思われるFXトレードですが、成功している人はしっかりと世界の情勢や経済の成り行きなどを見極めてトレードをしているため、決してギャンブル的な物ではありません。

かといって何も知らない初心者がハイリスクな取引を行うのは、失敗した場合の損失が大きいため、しっかりと「デモトレード」などで知識を培った上、FXの「本番」に挑むのが妥当でしょう。

FXの「デモトレード」と「本番」の違い

FXの「デモトレード」「本番」の大きな違いは、実際に資金をしようするかどうかと言う点にあります。

「デモトレード」は、その名の通り「デモ」であるため、成功時の利益も失敗時の損失も全て無料です。

そのため「デモトレード」で実際に資金を使用する「本番」のための練習となるのです。

FXの「本番」は実際のお金を使用するため、成功した場合は利益が得られますし、失敗するとお金が無くなります。

そのためいきなり「本番」をするより、「デモトレード」で実際のFXというのはどういったものかしっかりと練習して知識を得る必要があるのです。

まとめ

場合によっては多額の利益が得られる可能性もあるFXトレードですが、成功したときには利益を得られますし、失敗したときには最悪資金が全て無くなってしまうような高いリスクが存在します。

そのためしっかりと「デモトレード」で練習し、FXトレードのノウハウを得た上で、「本番」に挑戦する事が必要となってきます。

「デモトレード」は、無料で行えますので失敗を恐れる事なく、色々な取引ができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典