スポンサーリンク

LINEの「オープンチャット(オプチャ)」と「グループチャット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オープンチャット(オプチャ)」と「グループチャット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、LINEの「オープンチャット(オプチャ)」「グループチャット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

LINEの「オープンチャット(オプチャ)」とは?

「オープンチャット(オプチャ)」とは「参加者同士のアカウントを知らせずにチャットできる機能」という意味です。

LINEで「トークルーム」を利用する時に、参加者同士のアカウントを隠したまま、不特定多数の人達とチャットができます。

イメージ的には掲示板をチャットにした様なものと思えば良いでしょう。

これにより、参加者に自分のアカウントを知られることがなく、個人的にメッセージが届いたりしません。

個人でつながれないので、見ず知らずの人からしつこく連絡が来たり、ネットナンパに会わずに済むのです。

LINEの「グループチャット」とは?

「グループチャット」は、「自分のアカウントやアイコンなどを使い、複数人数でチャットする機能」という意味です。

自分のアカウントが相手に見える形でやり取りする為に、個人同士で連絡を取り合えるというメリットがあります。

ママ友や親友同士など、普段から個人的なやり取りをしている人達が集まってグループを作るのに向いています。

PTAなど友達とは言えない人達のグループチャットに入ると、後から個人的なメッセージが送られてくることもあるのです。

LINEの「オープンチャット(オプチャ)」と「グループチャット」の違い!

「オープンチャット(オプチャ)」「参加者同士のアカウントを知らせずにチャットできる機能」です。

「グループチャット」「自分のアカウントやアイコンなどを使い、複数人数でチャットする機能」です。

まとめ

今回は LINEの「オープンチャット(オプチャ)」「グループチャット」の違いをお伝えしました。

「オープンチャット(オプチャ)」「アカウントを知らせない」「グループチャット」「アカウントが分かる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典