意味と使い方

「格段」とは?意味や使い方を解説

「格段」 格段とは「かくだん」と読み、副詞として使われます。 特別に程度が著しいことを指すこともありますし、違いが大きくてかけ離れていることや、格別、破格、などといった意味を持つこともあります。 格段に、といった形...
意味と使い方

「露骨」とは?意味や使い方を解説

「露骨」 露骨は、普段からよく使われている言葉の1つです。 「あからさま」な様子を表現し、あまりいい意味のある言葉ではありません。 「露骨な」という形容詞形にして、何か(その対象)の前に付けて使う場合と、この言葉だ...
意味と使い方

「既知」とは?意味や使い方を解説

「既知」 既知は、2つの意味で使われる言葉です。 1つは「既に(言われた人が)知っている」、もう1つは「既に世の中に知られている」という意味で、多くの場合は最初の意味で使われます。 読み方は「きち」ですが、稀に「が...
意味と使い方

「要衝」とは?意味や使い方を解説

「要衝」 この「要衝」は「ようしょう」と読みます。 あまり聞かない言葉ですが、それは、ほとんど同じ意味を他の言葉で言い換えることができるからです。 しかし、比較的堅めの文章や交通案内などではよく使われる表現なので、...
意味と使い方

「収拾」とは?意味や使い方を解説

「収拾」 「収拾」が「しゅうしゅう」と読みます。 同じ音が続き、しかも「う」が2回入るので相手聞き取りにくい言葉です。 「収拾」の意味 「収拾」の意味と「収集」との違いについて紹介します。 ...
意味と使い方

「些少」とは?意味や使い方を解説

「些少」 些少は、謙譲表現として使う言葉です。 状態を表す為に使いますが、謙って使うことになるので、「これくらいしか」という意味になることがほとんどです。 その為、相手の何かに対して例えそう思ったとしても、決して使...
意味と使い方

「帰結」とは?意味や使い方を解説

「帰結」 この帰結は「きけつ」と読み、物事の終わりに対して使われる言葉です。 主に議論や行動が終わった時に使われますが、なかなか使い所が難しく、あまり見聞きすることはないでしょう。 ですが、この言葉でまとめるのが一...
意味と使い方

「巷間」とは?意味や使い方を解説

「巷間」 巷間は、「こうかん」が正しい読み方ですが、一般的な読み方はそれとは違い、そちら方で読まれることの方が多いのが一番の特徴です。 その読み方とは「ちまた」で、「こうかん」では分からなくても、この言葉なら知ってい...
意味と使い方

「帰省」とは?意味や使い方を解説

「帰省」 帰省というのは「きせい」と読み、故郷に帰ることを指しています。 お盆や年末年始など、長期休暇の時には一時的に自分の実家に帰るという人もいるのではないでしょうか。 そのようなことを帰省といい、帰省によって渋...
意味と使い方

「逆玉」とは?意味や使い方を解説

「逆玉」 逆玉と逆玉表現は「ぎゃくたま」と読み、玉の輿の逆版を指しています。 玉の輿と逆玉のは女性がお金持ちの男性と結婚し、裕福な立場になることを指しており、逆玉とはその逆で男性がお金持ちの女性と結婚し、裕福な立場に...