意味と使い方

「吉報」とは?意味や使い方を解説

「吉報」 「吉報」は「きっぽう」と読みます。 「吉」は「大吉(だいきち)」、「大安吉日(たいあんきちじつ)」など「きち」と読む言葉がよく使われていて、「報」は「報告(ほうこく)」、「報道(ほうどう)」など「ほう」と読...
意味と使い方

「此方」とは?意味や使い方を解説

「此方」 「此方」という漢字を見たことがある人はどのくらいいらっしゃるでしょうか?読み方を知れば、「何だ簡単じゃないか」と思うかもしれませんが、この言葉をスラスラと読める人は、そんなに多くはないかもしれません。 「此...
意味と使い方

「傾倒」とは?意味や使い方を解説

「傾倒」 「傾倒(けいとう)」とは傾き倒れることや、傾けて倒すことを言いますが、もう一つの意味としてある物事に深く惹かれること、夢中になること、慕うことといったものもあります。 それでは「傾倒」という言葉の意味、使い...
ビジネス用語

「営む」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「営む」の読み方や意味 「営む」は「いとなむ」と読みます。 意味は「物事を成立させるために仕事をしたり準備をしたりする事」、或いは「暇がないくらい忙しく物事をこなす事」です。 現在は前者の意味で用いられる事が多いで...
意味と使い方

「苦艱」とは?意味や使い方を解説

「苦艱」 この「苦艱」には、読み方が2つあります。 1つは「くかん」で、通常はこちらで読むことが多いですが、「くげん」と読むこともできます。 「艱」の漢字の音読みは「かん」で、「げん」という読み方はありませんが、「...
意味と使い方

「姑息」とは?意味や使い方を解説

「姑息」 この「姑息」(こそく)は、元々は世間で考えられているイメージとは違う意味の言葉です。 そのイメージとして、「ずるい行為」が絡むと思っている人が多いのではないでしょうか。 本来の意味はそれとは違うものの、何...
意味と使い方

「剣呑」とは?意味や使い方を解説

「剣呑」 剣呑は、2つの意味のある言葉です。 片方の意味で使う場合には、別の言葉の代用となるので、そちらではないメインとなる方について解説していきます。 尚、そちらの方も元は別の言葉で、それが変形してこの「剣呑」と...
意味と使い方

「稀有」とは?意味や使い方を解説

「稀有」 稀有は、読み方が難しい言葉で、「けう」が正しい読み方です。 「稀」(まれ)という言葉を含むので、見ただけで何となく意味が思い浮かびますが、勝手に解釈してしまうと、本来の意味とは多少異なってしまいます。 ...
意味と使い方

「恫喝」とは?意味や使い方を解説

「恫喝」 恫喝は、犯罪に絡むことも多い行為です。 似た意味の言葉も多く、そのどれもが同様にとても悪い意味の言葉なので、使われないに越したことはありませんが、それぞれの意味の違いを覚えておいて損はありません。 その中...
意味と使い方

「干渉」とは?意味や使い方を解説

「干渉」 干渉とは「かんしょう」と読み、これは他人に達って自分の意思に従わせようとすること、国際法においては1つの国が他の国の内情や外交に相手の家に飯しながら介入すること、という意味を持ちます。 あまりよく使われる意...