スポンサーリンク

「あくしろよ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「あくしろよ」とは意味新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「あくしろよ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「あくしろよ」の意味

「早くしろよ」を意味しているネットスラング。

「あくしろよ」の解説

「あくしろよ」の元ネタは、ウェブ上でゲイビデオとして有名な「真夏の夜の淫夢」シリーズにあります。

「真夏の夜の淫夢」の第一章「極道脅迫!体育部員たちの逆襲」の冒頭シーンで、体育部員達が運転する車が、前を走る暴力団の車に追突してしまいます。

すると、「TNOK」と呼ばれる暴力団風の人物が車から下りてきて、学生の車のドアを開け、「降りろ、おい免許持ってんのか」と絡んできます。

おびえる学生は財布から免許を出そうとしますが、TNOKは「早くしろよ」とせかします。

TNOKは何かを要求するたびに「早くしろよ」と言うのですが、そのセリフが「早くしろよ⇒はやくしろよ⇒はぁくしろよ⇒あくしろよ」というように変化していったのです。

「ホモはせっかち」といわれる理由にもなっていますが、「あくしろよ」「早くしろよ」の空耳なのです。

「あくしろよ」の使われ方

「あくしろよ」は、相手の行動を急がせる時に使われるネットスラングです。

相手が自分の思っているように素早く行動しない時に、「あくしろよ」と言ってせかすのです。

例えば、「とりあえずお前、土下座して誠意見せろよ。

あくしろよ」
「まだトイレに入ってんのかよ。

あくしろよ」
「早く服を脱いで裸になれよ。

あくしろよ(ホモビデオのシーンなど)」
といった例文で使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典