「いきってる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
方言
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「いきってる」

「いきってる」は関西の若い人を中心に使われている言葉です。

インターネットの普及により関東にも伝わる様になりました。

「いきってる」の意味

「いきっている」の意味は以下の2つになります。

「調子に乗ってえらぶっている」の意味

常に話題の中心になり、盛り上がって目立ちたいと思っていて、大声で話したり人の話題に割り込んでくることをいいます。

或いは何をしても張り切り過ぎて周囲から見て滑稽な様子も表しています。

自己中心的で自分が一番優秀な存在だと思い込み、他の人を見下した態度を取ります。

「キレて暴走している状態」の意味

ケンカをしたり何かに対して怒っていてキレる寸前だったり、或いは既に切れて暴走しかけている状態のことです。

怒りが頂点に達していて、人がなだめようとしても聞く耳を持ちません。

例えばオジサンやオバサンが、やたらと怒った態度で自転車でベルを鳴らし続けながら歩道を走っている時に「いきってる」と言います。

「いきってる」の言葉の使い方

「いきってる」の使い方には以下のポイントがあります。

良い意味ではないこと

「いきってる」は調子に乗り過ぎていたり暴走している状態を表すので、良い意味はありません。

元々この言葉は関西の人にとっては「イライラする人」に対して使われていたものです。

人に対して「いきっている」というと逆ギレされてトラブルの原因になってしまうかも知れませんので注意しましょう。

関東では通じないこともある

「いきってる」は元々関西の若い人達に使われいた言葉です。

ネットで使われることで関東にも広まりましたが、まだ知らない人も多くいます。

関東の人に使っても通じないこともあるので、その場の雰囲気に応じて使う様にしましょう。

「いきってる」を使った例文・短文(解釈)

「いきってる」を使った例文と解釈を紹介します。

「いきってる」の例文1

「あいつまたブランド品買ったって、いきってるな」

いきっている人は、周囲に見栄を張りたがるものです。

お金が無いのにブランド品を買っていかにもみせびらかす様に持ち歩いているのでしょう。

他の人から見て無理をしているのがバレバレの状態をあらわしています。

「いきってる」の例文2

「今回のテストでたまたまいい点数取ったものだからいきってるよ」

いつも下から数えた方が早い順位なのですが、たまたまいい点数を取ってしまうと自慢したくなるものです。

さほど頭が良い訳ではないのに「こんなのも分らないのか」という様な態度をしていることを表しています。

「いきってる」の例文3

「あいつ彼女連れていきってるけど、ブサイクじゃね?」

いつもモテない男が、「とびきりの美人」と噂の女性と付き合える様になりました。

皆に自慢しに連れてきたのですが、美人だと思っているのは自分だけで、他の男性から見てとてもそうは見えません。

自分だけがいい気になっていることが分ります。

「いきってる」の例文4

「あいつボクシングやってたとか言っていきってるけど、1日体験しただけだろ?」

自分はボクシング経験者だと最強自慢をしているのですが、昔から知っている人がいてたった1日体験をしただけだということが分かってしまいました。

本人だけが「自分が一番強い」と思い込んでいて、周囲からバカにされている状態を表しています。

「いきってる」の由来・語源

「いきってる」の語源は、関西の方言で「粋がる・意気がる」から来ています。

元々の意味は「粋であるかの様に振る舞う」とい意味で、そこから「見栄を張る」という意味で使われる様になりました。

不良言葉として広まっていたのですが、インターネットが発達すると共に、人の噂や陰口を言う時に使われるう様になり、一般的に広まったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
方言
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典