スポンサーリンク

「いっぱいちゅき」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「いっぱいちゅき」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「いっぱいちゅき」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「いっぱいちゅき」とは?意味

「いっぱいちゅき」は、対象者側から私のことが好きであるかどうかを聞かれた際、その答えに対して可愛らしく答えることです。

「いっぱいちゅき」の概要

「いっぱいちゅき」は漫画とアニメのポプテピピックという作品で飛び出した言葉で、言葉の内容よりも豪華声優陣の方に目が行ってしまい内容の把握よりも豪華声優陣の方に目が行った作品から飛び出した言葉です。

なお、「いっぱいちゅき」と述べたピピ美はポプ子のことを「いっぱいちゅき」と言っていましたが実はそうではないのではというシーンも漫画版ではあり、実際の所ははっきりとピピ美はポプ子に好意を持っているかはわかりません。

ただ、ポプ子側は、「ここ好き」というシーンにて、ピピ美がポプ子のことを照れながら「いっぱいちゅき」というシーンが好きだといいのけたのでポプ子は少なくともピピ美にたいして好意はあります。

「いっぱいちゅき」の言葉の使い方や使われ方

「いっぱいちゅき」は対象者側から、自分のことが好きであるかどうかを問われて成立する言葉で、対象者側が自分のことを好きかどうかを聞いてこないと成立しません。

また、対象者のことを嫌いである場合も成立しないです。

「いっぱいちゅき」を使った例文

・『私のことどれくらい好き?いっぱいちゅき』
上記は、正しい言葉の使用法で、「いっぱいちゅき」は、対象者側からまず自分のことがどれほど好きかを聞かれ、それに対する答えが「いっぱいちゅき」です。

上記が、言葉のテンプレートになります。

・『俺のことどれくらい好き?いっぱいちゅき』
上記は、彼氏と恋人の会話文で元の「いっぱいちゅき」というテンプレートが男性と女性に置き換わっている例です。

「いっぱいちゅき」は女性同士で用いる会話に使用されるのですが、テンプレートを変化させれば、男性同士や男性と女性など様々な人物同士で対象者に対して自分のことを好きであるかを述べさせることができます。

まとめ

「いっぱいちゅき」という表現は、パロディーでも用いられるのですが、必ず、対象者のことを好きであるかが重要となっています。

その為、対象者側が好きであるかどうかを聞いていて対象者のことを嫌いであるように見える場合、第3者から突っ込みを受けるのでパロディーとしては三流です。

一番望ましいパロディーは「いっぱいちゅき」をパロディー化する場合両想いであることが望ましいのですが、問題は、実は、「いっぱいちゅき」と述べた人物に実はそれほど対象を好きでない疑惑が出ていることです。

元手の漫画の話になりますが、実は、ピピ美は、ポプ子のことを好きではない疑惑が出ており今現在はその漫画のシーンを無料で公開していませんがそのようなシーンが過去にインターネット上で公開されているポプテピピックで見ることができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典