「いつまでもあると思うな親と金」と「いつまでもあると思うな親と髪」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「いつまでもあると思うな親と金」と「いつまでもあると思うな親と髪」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「いつまでもあると思うな親と金」「いつまでもあると思うな親と髪」の違いを分かりやすく説明していきます。

「いつまでもあると思うな親と金」とは?

「いつまでもあると思うな親と金」の意味と概要について紹介します。

「いつまでもあると思うな親と金」の意味

「いつまでもあると思うな親と金」は、「親はいつまでも生きていないし、金も使えばなくなるので、自立して働くようにという戒めの言葉」です。

「いつまでもあると思うな親と金」の概要

「いつまでもあると思うな親と金」は、子供に対する戒めの言葉です。

今は親の世話になっていられても、親はいつかこの世からいなくなってしまいます。

お金も同じで、今は貯金があっても使えばなくなってしまいます。

このことから、子供は早く自立して、自分でお金を稼いで生活できる様にしなさい、と言っているのです。

このことわざは、「いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と災難」という狂歌の一節からきています。

現在と同じ様に、毎日呑気にくらしていたり、文句や不満ばかりを言っている人達に対する戒めの意味です。

「いつまでもあると思うな親と髪」とは?

「いつまでもあると思うな親と髪」の意味と概要について紹介します。

「いつまでもあると思うな親と髪」の意味

「いつまでもあると思うな親と髪」は、「親同様、髪の毛も今はふさふさでもいつかは抜け落ちてなくなるので、早目にケアするべきという戒め言葉」です。

「いつまでもあると思うな親と髪」の概要

「いつまでもあると思うな親と髪」は、「いつまでもあると思うな親と金」を派生させた言葉です。

いつまでも親を頼れない様に、髪の毛も気が付けばなくなっていってしまうものであり、抜け毛に気付いたら早目に対処するべきである、と言っています。

家系に薄毛の人がいたり、最近抜け毛が気になる人が使うスラングとしてのことわざです。

「いつまでもあると思うな親と金」と「いつまでもあると思うな親と髪」の違い!

「いつまでもあると思うな親と金」「自立して働くようにという戒めの言葉」です。

「いつまでもあると思うな親と髪」「髪のケアは早めにする様にという戒めの言葉」です。

まとめ

今回は「いつまでもあると思うな親と金」「いつまでもあると思うな親と髪」の違いをお伝えしました。

「いつまでもあると思うな親と金はことわざ」「いつまでもあると思うな親と髪はスラング」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典