スポンサーリンク

「うらる」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「うらる」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「うらる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「うらる」とは?意味

URLという意味を持っており、ユーアールエルという言葉を崩したものと考えられます。

掲示板での使用が一般的ですが、URLという言葉がローマ字入力で「うらる」と入力するより楽という側面があり、さらにURLを聞くというシチュエーションがそう多くないため、頻繁に使われる言葉とは言い難くなっています。

とは言えホームページの場所を知ろうという場合は検索ワード教えてとは言わないとは言えるでしょう。

「プロフィールの後ろにうらるも貼っています」というような使い方ができますが、スラングということもあり企業で使うことはなく、Twitterか掲示板での使用がメインと言えるでしょう。

対象になるURLは個人サイト、なかなかたどり着けないサイトのどちらかといえます。

「うらる」の概要

URLのことではあり、「うらるは https://www. google. co. jp/」などというように相手から聞き出すだけでなく、自分から紹介することも可能です。

ただし「サイト教えて」「ホームページどこか教えて」など言いかえが出来ることもあり、URLという言葉を指すケースで掲示板においてすべて「うらる」という言葉になっていた時期はなく、頻繁ではないものの使われているという程度の使用範囲の言葉となっています。

URLであるため感想などになることはまずなく、教える、聞き出すの二つでしかほぼ使えない言葉ということができます。

日本語圏でしか使用できない言葉であることも確かで、Twitterやインスタグラムはアカウント名で検索でき、ユーチューブはチャンネル名などで検索ができるため、今後より広く使われていくというシチュエーションにはなりにくいでしょう。

「うらる」の言葉の使い方や使われ方

「ホームページあったの、うらる教えて」
基本的な使い方ではありますが、2022年時点でホームページの時代ではないと言えるため、今後廃れていくのではと考えられます。

「うらるは https://www. ~」
人にURLを伝えるケースの使い方です。

何も言わずにhttps://www. と答えてURLを伝えることも出来るため使用シーンが狭い言葉とも言えます。

「プロフィールにうらるも書いています」
Twitterなどでのプロフィール紹介での使い方です。

「うらる」の類語や言いかえ

「ホームページのアドレス」「URL」「ホームページの場所」「どうしたら検索できるか」などが類語ということができます。

まとめ

うらるはURLをもとにした言葉で、Twitter、インスタグラムなどURLを表示せずに検索できるサイトが増える前の言葉ということができます。

広く使われている言葉とは言い難いものの、2022年時点で10代20代が使う言葉ではないというバランスにある言葉で、今後、今より広く使われることはないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典