スポンサーリンク

「おじさん構文」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「おじさん構文」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「おじさん構文」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「おじさん構文」とは?意味

「おじさん構文」とは、「いかにも中高年のおじさん世代の男性が打ちそうなLINEやメールの文面」を意味しています。

「おじさん構文」というのは、「その文章を見ただけで、その書き手がおじさんであることが分かる定形的な構文」のことなのです。

「おじさん構文」の典型的特徴として、「やたらに長文で絵文字が多い・相手の反応無視で一人で浮かれている・赤文字のびっくりマーク」などがあります。

「おじさん構文」の概要

「おじさん構文」のネットスラングは、2016年頃に話題になった「おじさんLINE」の文章に共通する要素がある構文という意味で使われ始めました。

2019年頃には、女子高生たちがおじさんのように見える文章をわざと書いて送り合う「おじさんLINEごっこ」が一部でブームになりました。

インターネット上にも、「おじさん構文・おじさんLINE」の特徴や問題などについて解説する記事が多くあります。

「おじさん構文」には、「おじさん世代の中高年男性が、(無理してLINEで何とかつながった)若い女性に向けて送信するキモイ印象を与える文章」といった意味のニュアンスがあります。

「おじさん構文」は、その根底に「若い女性と何とかして親しくなりたい・あわよくば若い女性と深い関係を持ちたいといった下心」があることがバレバレなのに、それを小手先の文章で隠そうとしているので余計に気持ち悪い印象になりやすいのです。

「おじさん構文」の特徴として、「長文メッセージが多い・~ちゃんと下の名前で若い女性を呼ぶ・読点と句点が多い・絵文字がやたら多い・赤色のびっくりマーク・日記やポエムみたいな返信しづらいメッセージ・(間接的に断っているのに)毎回のように食事やドライブに誘ってくる・おはようやおやすみなどどうでもいいメッセージ」などがあります。

「おじさん構文」の言葉の使い方や使われ方

「おじさん構文」の言葉の使い方は、「いかにもおじさんが若い女性に向けて書いたと推測できるLINE・メールの文章」のことを指して使う使い方になります。

「おじさん構文」「おじさん文章」と呼ばれることもありますが、基本的に「おじさんの癖に、若い女性に好かれたがっている(近寄りたがっている)気持ち悪い文章」といったネガティブなニュアンスが込められています。

「おじさん構文」は、「若い女性が、興味のないおじさんが必死に送ってくる定形的な文章を馬鹿にしているニュアンス」で使われるスラングです。

「おじさん構文」を使った例文(使用例)

・『おじさん構文丸出しの部長のLINEを見て、マジで寒気がしました。』

・『若い子がおっさんなんて相手にするわけないのに、何を考えておじさん構文を送っているんだろう?』

・『客観的に見ておじさん構文のLINEを打ち始めたら、若い女性とのやり取りは辞めたほうが身の為です。』

まとめ

「おじさん構文」とは、「おじさん世代の中高年男性が打ったことがバレバレで、若い女性には気持ち悪い・ウザいと思われていることが多いLINE・メールの文章」を意味しているネットスラングです。

「おじさん構文」の意味や概要について詳しく知りたい人は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典