スポンサーリンク

「お疲れサマンサ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お疲れサマンサ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、お疲れサマンサの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

お疲れサマンサとは?意味

お疲れサマンサとは、相手に対して労いを込めて挨拶する言葉です。

会社の帰り道、顔見知りに対して「お疲れ様でした」と相手に敬意と労いを込めた気持ちで別れの挨拶するとき、楽しくアレンジして気持ちを伝える言葉になります。

「お疲れ」は仕事して疲れている相手に「よく頑張りました」という気持ちを、「サマンサ」は海外ドラマの『奥さまは魔女』に出てくるサマンサの名前を足したものが語源の発祥と言われています。

お疲れサマンサの概要

仕事が終わって疲れた相手に対して「お疲れ様」「さようなら」という気持ちを伝えるときに使う言葉の「お疲れサマンサ」は、ノリピー語を世の中に広めた女優である酒井法子さんからヒントを得て、2つの言葉を足して面白く表現した挨拶言葉です。

最近、漫画の『呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)に登場する最強の呪術師の五条悟が言ったことでこの言葉がまた流行りだし、若者の間で使われるようになりました。

この漫画の1巻の第5話で、五条が「お疲れサマンサ」と言ったことからファンの間で浸透し、日常生活でも使われるようになっています。

また、フジテレビで放送されていた『BOSS』で俳優の竹野内豊さんが「お疲れサマンサタバサ」と言って、周囲を笑わせました。

インパクトのある言葉のため若い女性の間でも広まったのです。

お疲れサマンサの言葉の使い方や使われ方

周囲を癒す効果もある「お疲れサマンサ」は、それまで働いていた職場にいる社員に対して「お疲れ様でした」と伝えるときに使う別れの挨拶として使われています。

明るく語尾を上げて言うことで、パッとその場の雰囲気を明るくできるギャグ要素が含まれている言葉でもあり、疲れている人を癒したいと思うときにも使える言葉です。

また、男性が女性ウケしたいときに言ったり、女性が男性の気持ちを惹きつけたいと思うときにも使えます。

使い方としては、「サマンサ」「お疲れサマンサタバサ」と少し変えて言うことでよりギャグ要素が強まりますし、強調して相手に「お疲れ様」という労いの気持ちを伝えられます。

仕事をして夜遅く帰ってきた夫に対して出迎えるときに使ったり、冗談交じりで兄弟姉妹の間でも使うことでいい関係を保てるでしょう。

お疲れサマンサを使った例文

・今日の仕事は大変だったでしょ。お疲れサマンサ。

・お疲れサマンサタバサ。明日も頑張って。

・あなた、お疲れサマンサ。お風呂沸いてるわよ。

職場にいる同僚や部下に対して仕事がいかに大変で、疲れているだろうと感じたとき元気づけるように「お疲れサマンサ」と言う社員がいます。

明日も頑張ってほしいと思うときに使うこともありますし、家に帰宅した夫に対して感謝を込めて「お疲れサマンサ」と伝えてもいい雰囲気になる言葉です。

まとめ

“Tik Tok”(ティックトック)で頻繁に使われるようになった「お疲れサマンサ」は、男性も女性も使えるギャグ要素満載の挨拶で使える言葉です。

何度も流行しているこの言葉はインパクトがあり、言う方も言われた方も楽しい気持ちになります。

学校でも会社でも使える労いの挨拶になりますので、人を癒せる言葉となるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典