「お見合い」と「マッチングアプリ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お見合い」と「マッチングアプリ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お見合い」「マッチングアプリ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「お見合い」とは?

「お見合い」の意味と概要について紹介します。

「お見合い」の意味

「お見合い」「おみあい」と読みます。

意味は「お互いが顔を合わせたままの状態」「結婚相手を求めている男女が、第三者の仲介により出会うこと」「両方がうまくつりあっていること」「隣の家の窓と自宅の窓が面していること」となどの意味があります。

「お見合い」の概要

「お見合い」は、日常で使う時には以下の2つの意味があります。

1つ目は、「お互いが目を合わせたままの状態になること」で、スポーツの試合などで味方同士が譲り合ってしまい、チャンスを逃す時に使われます。

2つ目は「結婚相手を求めている男女が、第三者による紹介で、日にちと場所を決めて会って話すこと」という意味で、お互いが意気投合した場合は、結婚を前提にお付き合いが始まります。

どしちらも共通するのは「お互いに顔を見合わせる」という意味です。

「マッチングアプリ」とは?

「マッチングアプリ」の意味と概要について紹介します。

「マッチングアプリ」の意味

「マッチングアプリ」「出会いを求める男女が、アプリを使って出会い、恋愛や結婚につなげること」です。

「マッチングアプリ」の概要

「マッチングアプリ」は、アプリを利用して恋人をさがすサービスのことを言います。

アプリに登録して、自分のプロフィールや相手に対する理想条件などを掲載すると、それを見てこれはと思った異性から連絡がくるというシステムです。

また、自分からこれはと思う人にアプローチすることもできます。

出会い系との違いは、大手企業や関連企業などが運営していて、登録するには身分証明が必要であるという点です。

「お見合い」と「マッチングアプリ」の違い!

「お見合い」「結婚相手を求めている男女が、第三者の仲介により出会うこと」です。

「マッチングアプリ」「出会いを求める男女が、アプリを使って出会うこと」です。

まとめ

今回は「お見合い」「マッチングアプリ」の違いをお伝えしました。

「お見合いは第三者の紹介」「マッチングアプリはスマホ経由」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典