スポンサーリンク

「かわいい」と「美しい」の違いとは?意味を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「かわいい」と「美しい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「かわいい」「美しい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「かわいい」とは?

「かわいい」「可愛い」と書き、意味は数多くありますが、主なものは以下の通りです。

1つ目は「大切にした、守ってあげたいと思うこと」という意味で、自分より弱い立場のものを大事にしたいと思う気持ちを言います。

2つ目は「無邪気であどけなく心を引かれること」という意味で、幼くて純粋なものをいとしいと思う気持ちを言います。

3つ目は「物が小さくて心を引かれること」という意味で、小さくて手元に置いておきたい、いとしいと思う気持ちを言います。

4つ目は「規模が小さくて軽々しい」という意味で、ちっぽけで役に立たないというやや見下した表現です。

5つ目は「デザインが良い、素敵」という意味で、物をほめる時の若者言葉です。

上記に共通するのは「心引かれる」という意味です。

「かわいい」の使い方

「かわいい」「大切にした、守ってあげたいと思うこと」「無邪気であどけなく心を引かれること」「物が小さくて心を引かれること」「規模が小さくて軽々しい」「デザインが良い、素敵」という意味で使われます。

形容詞として使われたり、名詞として「かわいさ」と使われたりします。

基本的に、小さいものや弱いものに対して、愛らしい、守ってあげたいと、心を引かれる様子に使われる言葉です。

「美しい」とは?

「美しい」「うつくしい」と読み、意味は数多くありますが、主なものは以下の通りです。

1つ目は「見た目が華やかでうるわしい」という意味で、姿かたちが綺麗で目立つ様子を言います。

2つ目は「きちんとして心地よい」という意味で、全体的な雰囲気がまとまっていて感じが良い様子を言います。

3つ目は「清らかで純粋な様子」という意味で、不純なものが混ざっていない様子を言います。

4つ目は「立派な様子」という意味で、見事でほめる気持ちを言います。

上記に共通するのは「きれいで華やか」という意味です。

「美しい」の使い方

「美しい」「見た目が華やかでうるわしい」「きちんとして心地よい」「清らかで純粋な様子」「立派な様子」という意味で使われます。

形容詞として使われたり、名詞として「美しさ」と使われたりします。

基本的に、見た目や印象がきれい・華やかで、うっとりする様子に使われる言葉です。

「かわいい」と「美しい」の違い

「かわいい」「小さいものや弱いものに対して、愛らしい、守ってあげたいと心を引かれる様子」という意味です。

「美しい」「見た目や印象がきれい・華やかで、うっとりする様子」という意味です。

「かわいい」の例文

・『かわいいアイテムばかりで欲しくなった』

・『いくつになっても自分の子供はかわいい』

・『お店にかわいい女の子がたくさんいた』

・『それで満足するなんてまだまだかわいいね』

「美しい」の例文

・『美しい女性から声をかけられた』

・『この街並みは非常に美しい』

・『美しい音色の音楽を聴いた』

・『彼らは美しい友情で結ばれている』

まとめ

今回は「かわいい」「美しい」について紹介しました。

「かわいい」「愛らしくて心引かれる」「美しい」「見た目がきれい」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典