スポンサーリンク

「がっかり」と「がっくり」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「がっかり」と「がっくり」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「がっかり」「がっくり」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「がっかり」とは?

「がっかり」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「当てが外れたり、望みが叶わずに、気力がなくなる様子」という意味で、「旅行が中止になってがっかりする」などと言います。

基本的にこちらの意味で使われることが多く、精神的に落ち込んだ状態に重点を置いた言葉です。

2つ目は「ひどく疲れて気が抜ける様子」という意味で、「トラブルが起きて一日中かけずり回り、がっかりして動きたくない」などと言います。

上記に共通するのは「何かがきっかけとなり、急に気が抜ける様子」という意味です。

「がっくり」とは?

「がっくり」には以下の3つの意味と使い方があります。

1つ目は「急に折れ曲がったり、崩れ落ちたりする様子」という意味で、「がっくりとうなだれる」などと言います。

2つ目は「一気に疲れたり、気落ちしたりして、どんよりとする様子」という意味で、「彼女にフラれてがっくりする」などといます。

3つ目は「上下の差が大きい様子」という意味で「客足がっくりと減る」などと言います。

上記に共通するのは「気持ちや状況が急に緩む様子」という意味です。

「がっくり」は、「がくり」「がっくし」などとも言われ、語源は「がくっ」「がっくん」など、ものが折れ曲がる時の音からくる擬音語、または擬態語です。

その為に、精神的に落ち込むだけではなく、見た目で元気がなくなったり、うなだれるなどの動作も含んで使われます。

「がっかり」と「がっくり」の違い!

「がっかり」「気力がなくなり、精神的に落ち込んでいる様子」です。

「がっくり」「元気がなくなり、うだなれたり落ち込んだりする様子」です。

まとめ

今回は「がっかり」「がっくり」の違いをお伝えしました。

「がっかり」「精神的に落ち込む」「がっくり」「見た目的にも落ち込む」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典