スポンサーリンク

「げっぷ」と「おなら」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「げっぷ」と「おなら」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「げっぷ」「おなら」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「げっぷ」とは?

「げっぷ」の意味と概要について紹介します。

「げっぷ」の意味

「げっぷ」は、「口から飲み込んで胃の中に溜まった空気が、口から排出される生理現象のこと」です。

「げっぷ」の概要

「げっぷ」は、食べ物と一緒に飲み込んだ空気が、胃の中に溜まり、逆流して口から排出される生理現象のことを言います。

本来、呼吸として吸い込んだ空気は肺に送られますので、「げっぷ」にはなりません。

食べ物を食べる時に空気を飲み込むと、それが食道を通って胃に溜まります。

この空気が逆流したものが「げっぷ」ですが、胃液や一緒に食べた物の匂いなどが混じっている為に、匂いがするのです。

因みに、「げっぷ」は海外では非常に下品で失礼な行為であり、食事中にするのは厳禁とされています。

「おなら」とは?

「おなら」の意味と概要について紹介します。

「おなら」の意味

「おなら」「屁の別称、口から飲み込んで胃腸に溜まった空気が、肛門から放出される生理現象のこと」です。

「おなら」の概要

「おなら」は、食べ物と一緒に飲み込んだ空気が、胃腸に溜まり、肛門から排出される生理現象のことを言います。

同じ空気が逆流して口からでたものが「げっぷ」です。

「おなら」の方が臭いのは、食べたものが腸内細菌により発酵されて、ガスを発生させるからです。

腸内のガスは、口や鼻から入った空気が大半で、あとは微生物により作られる「腸内ガスです。

本来は無臭なのですが、これに「硫化水素」が含まれていると悪臭が発生します。

「げっぷ」と「おなら」の違い!

「げっぷ」「口から飲み込んだ空気が、口から排出される生理現象のこと」です。

「おなら」「口から飲み込んだ空気が、肛門から放出される生理現象のこと」です。

まとめ

今回は「げっぷ」「おなら」の違いをお伝えしました。

「げっぷは口から出る」「おならは肛門から出る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典