スポンサーリンク

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」の意味を分かりやすく説明していきます。

気になる言葉を、今すぐ調べていきましょう。

スポンサーリンク

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」とは?意味

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」とは、こんな悲しい思いをするのなら、いっそのこと名もない花や草として生まれたかったという意味です。

花や草というのは一種の例えです。

花や草には、人間のような欲や憎しみ、悲しみはありません。

ただそこに咲いて、季節が過ぎれば黙って散っていきます。

好きな人にフラれて悲しくなることもないし、家族や友達と喧嘩してストレスをためることもありません。

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」は、人生の無常さを伝える切ないフレーズです。

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」の概要

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」という詩的なセリフは、ある声優のファンから生まれた悲痛な叫びです。

そもそもの発端となったのは、人気声優・豊崎愛生(とよさきあき)さんのスキャンダルです。

豊崎愛生さんは『けいおん!』の声優や『スフィア』というアイドルグループのメンバーです。

かわいいルックスから、ファンから熱烈な支持を受けています。

この豊崎愛生さんが一般男性と同棲しているのではないかというネタがネット上に持ちあがり、ファンたちは大きなショックを受けました。

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」というのは、大好きなアイドルの熱愛報道を知って、胸が引き裂かれるような苦しさを覚えたファンの苦い思いが詰まっています。

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」の言葉の使い方や使われ方

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」はこのように用いています。

・『職場で上司に怒られた。こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった』
・『好きな子に、彼氏ができた。こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった』
・『飲みすぎて、二日酔い。こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった』
「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」は仕事や恋愛やプライベートで、ショックを受けた時に使われています。

ハッピーよりアンハッピーなシーンで用いると良いです。

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」の類語や言いかえ

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」の関連語には、次の言葉もあります。

・声ヲタ
声ヲタとは声オタのことで、いわゆる声優さんが大好きな人のこと。

声優オタクさんのコミュニティからは、ポエムのような「感動的な言葉」が日々生まれています。

まとめ

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」の意味と使い方をチェックしました。

「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」とは、女性声優の交際報道にショックを受けた、熱狂的なファンから生まれたひと言です。

名もなき花となって消えてしまいたいという、切ない意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典