スポンサーリンク

「ご存じのように」と「ご承知のとおり」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご存じのように」と「ご承知のとおり」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ご存じのように」「ご承知のとおり」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご存じのように」とは?

「ご存じのように」の意味と使い方について紹介します。

「ご存じのように」の意味

「ご存じのように」「既に知っている通り」という意味の尊敬語です。

「ご存じのように」の使い方

「ご存じのように」は、「既に知っている通り」を尊敬語にした言葉です。

主体は相手で、相手があるものごとについて既に知っていることを前提に使います。

あるものごとについて既に見聞きしていたり、結果が分っている状態で、相手が直接関係しているとは限りません。

「ご存じ」は、本来は丁寧語なのですが、「知っている」に明確な尊敬語がない為に使われています。

因みに「ご存知」と書く場合もありますが、「知」は当て字です。

「ご承知のとおり」とは?

「ご承知のとおり」の意味と使い方について紹介します。

「ご承知のとおり」の意味

「ご承知のとおり」「既に事情を理解して受け入れてくれている通り」という意味の尊敬語です。

「ご承知のとおり」の使い方

「ご承知のとおり」は、相手に対して「こちらの事情を既に理解して、受け入れてくれている通り」を尊敬語にしたた言葉です。

「承知」「事情などをよく知っている」「依頼や要求などを受け入れる」「事情などを理解して許す」という意味があります。

「ご存じのとおり」と同じ意味で使われることも多いのですが、「承知」「自分が納得して受け入れる」という意味です。

つまり、「ご承知のとおり」は、「そちらで納得してくれていますよね」という押しつけがましい意味になるのです。

「ご存じのように」と「ご承知のとおり」の違い!

「ご存じのように」「既に知っている通り」の尊敬語です。

「ご承知のとおり」「既に事情を理解して受け入れてくれている通り」の尊敬語です。

まとめ

今回は「ご存じのように」「ご承知のとおり」の違いをお伝えしました。

「ご存じのようには、相手が知っている前提」「ご承知のとおりは、相手が納得して受け入れてくれている前提」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典