「ご尊顔」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ご尊顔」とは?

「ご尊顔」という言葉を知っているでしょうか。

「ご尊顔を拝する」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「ご尊顔」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「ご尊顔」という言葉の意味を紹介します。

「ご尊顔」の読み方

「ご尊顔」「ごそんがん」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「ご尊顔」「ごそんがん」と読みましょう。

「ご尊顔」の意味

「ご尊顔」という言葉の意味を紹介します。

「ご尊顔」には、「他人を敬って、その顔を指す言葉」になります。

そのため「ご尊顔」には「顔」という意味があり、尊敬を表す言葉になります。

「ご尊顔を拝する」には、「尊い人の顔を見る」という意味があります。

このように「ご尊顔」という言葉は、「他人を敬って、その顔を指す言葉」になります。

「ご尊顔」を使った例文や短文など

続いて「ご尊顔」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「ご尊顔」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「ご尊顔」を使った例文1

「王様の『ご尊顔』を拝する資格があるのは、一部の貴族だけだ」

この例文のように、ある時代の王様の顔は、御簾のようなものにさえぎられていて、誰でも見られるものではありませんでした。

一部の貴族や世話をするものだけが、王様の「ご尊顔」を見られたとされています。

「ご尊顔」を使った例文2

「このような高貴な方の『ご尊顔を』拝するとは、夢のようです」

この例文のように、「ご尊顔」には「顔」という意味があり、かなり偉い人、王様クラスの人の顔を「ご尊顔」と呼びます。

滅多に顔を合せられる相手ではないため、顔を見れた時は、夢のようだと感じる人も少なくないでしょう。

「ご尊顔」の類語や類義語・言い換え

「ご尊顔」の類語や類似表現を紹介します。

「ご尊顔」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「竜顔」【りゅうがん】

「竜顔」には「ご尊顔」「天子の顔」という意味があります。

「ご尊顔」と同じように、尊い人の顔を「竜顔」と言います。

「天顔」【てんがん】

「天顔」には「天子の顔」という意味があります。

ある国の王様の顔について話す時、「天顔」「竜顔」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典