スポンサーリンク

「しょぼい」とは?意味や使い方など概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「しょぼい」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「しょぼい」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「しょぼい」とは?意味

「しょぼい」とは、「人物あるいはモノが冴えなくて魅力がないこと」を意味している俗語です。

「しょぼい」というスラングには、「元気・豪華さ・影響力がない」「見た目あるいは雰囲気がみすぼらしい」といった意味のニュアンスがあります。

「しょぼい」の表現には、「パッとしなくて冴えない・外見や印象がださくてみっともない」といった意味合いがあるのです。

「しょぼい」の俗語からは、「元気や勢いがなくて冴えない・魅力がない・貧相である」といったネガティブな意味が連想されることになります。

「しょぼい」の概要

「しょぼい」とは、「(外見などが)パッとしなくて魅力がないさま」「活気・勢いがなくて冴えない様子」を意味しているスラング(俗語)です。

「しょぼい」の語源が何なのかについては諸説ありますが、有力な仮説として「しょぼしょぼ」という名詞が形容詞化したという説があります。

「しょぼしょぼ」という副詞の元々の意味は、「雨が弱い勢いで降り続いている様子」になります。

その意味から派生して、「しょぼしょぼ」には「疲労・寝不足などで目をしっかりと開けずにまばたきが増えているさま」という意味も生まれました。

「しょぼい」と直接的に関わっていると推測される「しょぼしょぼ」の意味として、「威力・活力(勢い)が感じられず、見た印象からして弱々しくて寂しいさま」があります。

例えば、「しょぼしょぼとした彼の姿」「しょぼい彼の姿」という文章はほぼ同じ意味を持つ文章として解釈できます。

「しょぼい」の言葉の使い方や使われ方

「しょぼい」の言葉は、「見た目が冴えなくて華やかさがないさま」を意味して使うことができます。

「しょぼい」というスラング(俗語)は、「活気や勢いがない様子・みすぼらしくて人をひきつける力がないこと」の意味合いで使用されています。

また「しょぼい」の表現は、「パッとしなくて冴えない人物」だけではなくて、「魅力がなくて貧相に感じられる物事・モノ」に対しても使われることがあります。

「しょぼい」を使った例文(使用例)

・『大勢のセレブや有名人が集まる豪華なパーティーに、こんなしょぼい服装で参加できるはずがありません。』

・『実際に現地に行ってみるとしょぼい観光地のイメージでしたが、地元の人たちはとても親切で良い人たちばかりでした。』

・『制作予算が少ないとしょぼい企画しか立てられないというネガティブな思い込みを覆したのが、アイデア力に優れた人気者のユーチューバーたちでした。』

まとめ

「しょぼい」という俗語(スラング)の意味・概要について分かりやすく解説して、使い方・例文を紹介しましたがいかがでしたか。

「しょぼい」というのは、「見た目の印象や雰囲気がパッとしなくて魅力がない様子・冴えなくて貧相なさま」を意味している言葉です。

「しょぼい」の表現について詳しくリサーチしたい人は、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典