スポンサーリンク

「すっぴん美人」と「すっぴんブス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「すっぴん美人」と「すっぴんブス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

すっぴんとは、メイクをしていない状態のことです。

主に女性に使われます。

この記事では、「すっぴん美人」「すっぴんブス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「すっぴん美人」とは?

美人とは、容姿が美しい様をいいます。

「すっぴん美人」は、メイクをしていない状態で美しい人のことです。

主に女性のことを指します。

「すっぴん美人」は肌がきれいな特徴があります。

きれいな肌を保つために、スキンケアを丁寧に行う、紫外線対策に手を抜かない、夜更かしをしない、食事に気を遣うといったことをしています。

「すっぴんブス」とは?

ブスは不細工ともいい、容姿が醜いことをいいます。

「すっぴんブス」は、メイクをしている状態としていない状態の差があり、メイクを落とした状態が不細工なことを指します。

「すっぴんブス」がメイクをしていない状態のときには、目が小さい、顔の印象が薄いといった特徴があります。

「すっぴん美人」と「すっぴんブス」の違い

「すっぴん美人」「すっぴんブス」では、見た目の美しさに違いがあります。

美しいの基準は人によって違いますが、すっぴん美人はメイクをしていなくても美しいです。

それに対して「すっぴんブス」は、メイクをしているときは美しいけれど、メイクを落としてしまうと不細工な印象があります。

まとめ

「すっぴん美人」「すっぴんブス」は、メイクをしていない状態のときの印象に違いがあります。

メイクをしていなくても美しいのが「すっぴん美人」、メイクをしているときだけ美しいのが「すっぴんブス」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典