スポンサーリンク

「ずっと俺のターン」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ずっと俺のターン」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ずっと俺のターン」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

1.「ずっと俺のターン」の意味

ずっと俺のターンというのはここから先はずっと自分の番だと言える無双状態の時に使うネットスラングです。

「ずっと俺のターン」の解説

ずっと俺のターンというのは元々は子供達の間で流行っていた遊戯王というカードゲームの登場人物がカードバトルで対戦中に自分のターンが回ってきた時に俺のターンと叫んでからカードの山からカードを引く姿が由来となっています。

自分のターンが終われば当然相手のターンになりますが、ずっと俺のターンはそれを許さない状況でずっと自分が無双状態で相手の反撃を全く受けない時に使うネットスラングです。

ずっと俺のターンというネットスラングが生まれた理由は諸説ありますが、遊戯王のアニメで主人公の遊戯が対戦中にずっと俺のターンを連呼してカードを引き続けて相手を攻撃したシーンがあるのが有名です。

「ずっと俺のターン」の使われ方

ずっと俺のターンの使い方ですが、何かのゲームをしている時に相手が全く攻撃できないままの状態になって一方的に攻撃を受け続ける状態になった時にずっと俺のターンだと勝ち誇った時に使うというのがあります。

また、自分が何をしているわけではなく誰かのゲームを見ている時にハメ技で一方的な展開になっていて相手が全く反撃のチャンスがない様を見てずっと俺のターンと言ってそのゲーム展開を揶揄する事もあります。

必ずしも自分がゲームをしている時に有利な状況を誇る時だけでなく、ゲームを観戦している人間が使うケースも存在します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典