「そして」と「また」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「そして」と「また」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「そして」「また」の違いを分かりやすく説明していきます。

「そして」とは?

「そして」には、接続詞の意味・用法があります。

「そして」とは「前に述べた事柄を受ける形で、それに続いて起こる事柄を述べる場合」に使う接続詞で、「それから」とほぼ同じ意味になります。

「そして」には、「前に述べた事柄につけ加える・さらに(その上)」という接続詞の意味もあります。

例えば、「彼女はポップス・ロック、そしてクラシックにも造詣が深いのです」などの文章で使用できます。

「また」とは?

「また」には、副詞と接続詞の意味があります。

副詞としての「また」は、「前にあった物事が再び起こるさま」「同じく・ひとしく」を意味しています。

「また」には、「その時とは別であるさま」「その上に加わるさま」「驚きや疑問の気持ちを示す・まったく」といった意味もあります。

接続詞としての「また」は、「複数の物事を並べて列挙する時」「その上に何かを付け加える時」「複数の選択肢のどれを選択しても良いという時」に使うといった用法になります。

例えば、「僕は肉も魚もまた野菜も好きなのです」「彼は歌手であり、また俳優でもあります」といった例文で使えます。

「そして」と「また」の違い!

「そして」「また」の違いを、分かりやすく解説します。

「そして」「また」はどちらも「前に述べた事柄に何かを付け加える時に使う接続詞」としての用法では共通していますが、「そして」という接続詞には「前に述べた事柄から時間が経過して、次の事柄が起こる」という意味のニュアンスがある違いを指摘できます。

そのため、「そして」という接続詞は「それから」という言葉に言い換えられますが、「また」のほうは「それから」という表現に言い換えることはできないのです。

例えば、「彼は息苦しさを感じていました。

そして、数分後には意識を失ってしまったのです」
といった文章で「時間経過」を示している「そして」を、「また」という接続詞には置き換えられないという違いがあります。

まとめ

「そして」「また」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「そして」とは「前に述べた事柄を受ける形で、その後に(前件から時間が経過して)続いて起こる次の事柄を述べる・それから」を意味していて、「また」「前にあった物事が再び繰り返されるさま」「ひとしく」「そのものとは別であるさま」などを意味している違いがあります。

「そして」「また」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典