スポンサーリンク

「ちんちくりん」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ちんちくりん」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ちんちくりん」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ちんちくりん」の意味

背や丈が短いことをあざ笑う言葉のこと。

「ちんちくりん」の解説

「ちんちくりん」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「背が低い人のことをあざ笑う言葉」という意味で、大人になっても背の低い人への差別用語です。

2つ目は「身体のサイズに比べて衣服が小さく丈が短過ぎること」という意味で、服を着た時にサイズが合わずに、腕や脚が見えてしまっている様子のことです。

「ちんちくりん」は漢字で「珍竹林」又は「珍痴苦林」と書き、語源には諸説ありますが、どれも定かではありません。

「ちんちくりん」の使われ方

「ちんちくりん」は本来「背や丈が短い様子」を表す言葉です。

ただし、人に対して「背が低い」と指摘するのは見た目による差別になる為に、現在のメディアでは使われていません。

背の低さを気にする人も多くいますので、誤解されない為にも日常では使わない方が良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典