スポンサーリンク

「どうしたら」と「どうすれば」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「どうしたら」と「どうすれば」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「どうしたら」「どうすれば」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「どうしたら」とは?

「どうしたら」という言い回しは、「どのようにしたら・どのようにすれば」を意味しています。

「どうしたら」とは、「何かをする場合の方法・やり方」を示している表現なのです。

「どうしたら」「どう」は漢字では「如何」と表記して、「どのように」の意味を持ちます。

「どうしたら」は文法的には、「どう+するの連用形のし+仮定の助詞のたら」で構成されている言葉です。

「どうしたら」の使い方

「どうしたら」の言い回しは「どのようにしたらいいのか?どのようにすればできるのか?」など、「ある物事をする際の方法・手段」について言及する場合に使うという使い方になります。

例えば、以下のような例文で使えます。

「どうしたら、効率的にお金を稼げるのでしょうか?」

「どうしたら、この苦しみがなくなるのでしょうか?」

「どうすれば」とは?

「どうすれば」の言い回しは、「どのようにすれば・どのようにしたら」を意味しています。

「どうすれば」とは、「何かをする場合の方法・手段(やり方)」を意味している表現になります。

「どうすれば」「どう」は漢字では「如何」と表記して、「どのように」の意味を持ちます。

「どうすれば」は文法的には、「どう+するの仮定形のすれ+仮定の助詞のば」で構成されている言葉です。

「どうすれば」の使い方

「どうすれば」という表現は、「どのようにすればいいのか?どのようにしたら上手くいくのか?」など、「何かをする際の方法・やり方」について語る場合に使うという使い方になります。

例えば、以下のような例文で使えます。

「どうすれば、病気が良くなるのですか?」

「どうすれば、あの人から好きになってもらえるのですか?」

「どうしたら」と「どうすれば」の違い!

「どうしたら」「どうすれば」の違いを、分かりやすく解説します。

「どうしたら」「どうすれば」もどちらも、「何かをする場合のやり方・方法・手段についての言及」に使われるため、意味と使い方には違いはありません。

「どうしたら」「どうすれば」の二つの言い回しは、どちらも「(ある物事をする場合に)どのようにしたらいいのか?・どのようにすれば上手くいくのか?」といった同じ意味合いを持っているのです。

そのため、「どうしたら試合に勝てるのですか?」「どうすれば試合に勝てるのですか?」はどちらも全く同じ意味を持つ文章として解釈することができます。

ただし文法的な構造では、「どうしたら」「どう+するの連用形のし+仮定の助詞のたら」であり、「どうすれば」のほうは「どう+するの仮定形のすれ+仮定の助詞のば」であるといった違いを指摘できます。

まとめ

「どうしたら」「どうすれば」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「どうしたら」「どのようにしたら・どのようにすれば」を意味していて、「どうすれば」「どのようにすれば・どのようにしたら」を意味しているため、この二つの言葉に意味の違いはありません。

「どうしたら」「どうすれば」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典