スポンサーリンク

「なるべく」と「できるだけ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「なるべく」と「できるだけ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「なるべく」「できるだけ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「なるべく」とは?

「なるべく」「可能な範囲ですること」という意味です。

限界まで頑張る必要はなく、自分ができる範囲ですることを言います。

「なるべく」は、動詞「成る」に、助動詞「べし」の連用形「べく」が付いた言葉です。

「成る」「自然のなりゆきで変化していくこと」という意味で、「べし」「可能や実現が期待できる」という意味、「なるべく」「自然の成り行きに応じて実現させたい」、つまり「頑張らなくてもいいが可能な範囲で」になるのです。

「なるべく外出は控えて下さい」は、「無理に我慢しなくてもいいが、可能な範囲で外出しないで下さい」という意味です。

「できるだけ」とは?

「できるだけ」は、「これ以上できないという限界まで頑張ること」という意味です。

とにかくギリギリまで力を尽くして頑張ることを言います。

「できる」は可能を表す動詞で、「だけ」「範囲・限度」を表す言葉です。

「できるだけ」「可能の限度まで」、つまり「これ以上はできないという限界まで」になるのです。

「できるだけ外出は控えて下さい」は、「可能な限り外出しないで下さい」になり、「なるべく」よりは強い意味になります。

「なるべく」と「できるだけ」の違い!

「なるべく」「可能な範囲ですること」です。

「できるだけ」「これ以上できないという限界まで頑張ること」です。

まとめ

今回は「なるべく」「できるだけ」の違いをお伝えしました。

「なるべくは頑張らずに」「できるだけは限界まで」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典