スポンサーリンク

「ひいき」と「えこひいき」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ひいき」と「えこひいき」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ひいき」「えこひいき」も似ている読みをしますが、違いを知っていますか。

この記事では、「ひいき」「えこひいき」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ひいき」とは?

「ひいき」には、引き立てること、後援することという意味があります。

この場合の引き立てるとは、特に気に入っている人に対してです。

「弟ばかりひいきする」「ひいきめにみる」のような使い方をします。

「ひいき」は漢字で書くと「贔屓」です。

「贔」には味方をする、「屓」には力強いさまという意味があります。

「えこひいき」とは?

「えこひいき」には、好きな方にだけ心を寄せて、肩入れするという意味があります。

一方だけに心を寄せて、公平でないさまを表します。

「父は頑固だがえこひいきしない」といった使い方をします。

「えこひいき」は漢字で書くと「依怙贔屓」です。

四字熟語です。

「ひいき」と「えこひいき」の違い

「ひいき」「えこひいき」の違いを、分かりやすく解説します。

「ひいき」は気に入っている人を引き立てること、後援することです。

「えこひいき」は一方に心を寄せて公平でないことです。

「ひいき」には不公平という意味合いはありませんが、「えこひいき」には不公平という意味が含まれています。

まとめ

「ひいき」「えこひいき」は似ている言葉ですが、「不公平」なのかという点で違いがある言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典