スポンサーリンク

「ひつこい」と「しつこい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ひつこい」と「しつこい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

一文字違いの言葉ですが、「ひつこい」「しつこい」を違いを知っていますか。

この記事では、「ひつこい」「しつこい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ひつこい」とは?

「ひつこい」は、「しつこい」が音変化したものです。

音変化とは、一つの音が別の音に変化することです。

「ひつこい」の場合は、「しつこい」「し」「ひ」に変化をしています。

「ひつこい」は、主に関西地方で使用されています。

「ひつこい人」のように人物に使うこともあれば、「ひつこい味」のように五感に使うこともあります。

「しつこい」とは?

「しつこい」には、2つの意味があります。

1つは、味・におい・色などが濃くて、後に残る感じのことです。

くどいことを意味します。

「脂がしつこいラーメン」のように使用します。

もう一つは、物事に執着して煩わしいさまを意味します。

執念深いことです。

「しつこい男」のように使用します。

「ひつこい」と「しつこい」の違い

「ひつこい」「しつこい」の違いを、分かりやすく解説します。

「ひつこい」は主に関西で使われる方言、「しつこい」は標準語です。

味・におい・色などが濃くて後に残る感じのこと、物事に執着して煩わしいさまを意味し、どちらも同じ意味をもっています。

まとめ

「ひつこい」「しつこい」は、まったく別の言葉なのではなく、意味は同じです。

方言か標準語なのかの違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典