スポンサーリンク

「ふとした瞬間」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ふとした瞬間」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ふとした瞬間に」【ふとしたしゅんかんに】の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ふとした瞬間に」とは?意味

「ふとした瞬間に」【ふとしたしゅんかんに】とは、偶然なことが起きたとき、昔のことを思い出すという意味があり、偶然に見たり、聞いたとき、過去に起きたことをいきなり思い出す時を言い表せる言葉です。

この言葉は、「何気ない」と訳せる「ふと」と、「一瞬」「一時」という意味がある「瞬間に」をかけ合わせた言葉であり、お世話になった人の姿や愛した者との楽しい日々、自分の記憶に残る出来事を思い出すときに使う言葉でもあります。

「ふとした瞬間に」の概要

自分の脳裏に焼きついていまだに残る出来事や、恋愛感情を持った相手、お世話になった人の姿など思い出に残ることは何年経っても忘れられないものです。

そのような人の記憶に強く残っていることが思い出される出来事が起きたとき、場面を思い出すその自分の行為を言い表せる言葉になります。

「ふとした瞬間に」は、自分の脳裏に焼きつくその過去について関連した出来事が起きたときふと思い出し、関わった人を懐かしく感じたり、会えないもどかしさに寂しさを感じるわけです。

この「ふとした瞬間」を感じるタイミングとしては、自分に特別な感情がある人や心と心が通じ合う距離の近い者で、その人とすれ違うとき、距離が近いときなど同じ空間にいるときです。

「ふとした瞬間に」の言葉の使い方や使われ方

いつもは忙しくて過去のことや好きな人を考えている暇はありませんが、ふと時間が空き、過去を振り返る余裕があったとき恩師を思い出す、好きな人を考えてしまう時を「ふとした瞬間」と言い表します。

また、手が空いた時は人に目を向ける余裕が生まれるため、気になる人に視線を向けるだけではなく、その人の気持ちを読み取り、何を考えているかを知ることもできるわけです。

このように、自分が人に目を向けるそのときを表し、相手の動向や考え方を見て、自分が感じる気持ちを言い表すときに使われています。

言葉の類義語には「ふとした拍子に」があり、手を止めた拍子に目を向けたり、耳を傾けるなどやっている行為を中止したときに気にするという意味があります。

「ふとした瞬間に」を使った例文(使用例)

・『ふとした瞬間に妻の内面の美しさに気づかされる』
・『ふとした瞬間に思い出す恩師の言葉を励みに生きている』
・『上司がふとした瞬間に見せる表情で何を言っているかが読み取れるんだ』

過去、自分の心をつかみ、明るい性格にしてくれた人の言葉を思い出すたびつらくても、つまづいた時でも前向きに生きられるようになる言葉を投げかけてくれた人は忘れられず、そのような自分のために励みとなる言葉を投げかける人のことは何度でも思い出すものです。

目の前にいる妻にふと目を向けたとき、今まで見えなかった内面の美しさに気づかされることがあります。

そんな愛する人と目が合うだけでも幸せな気持ちになる気持ちを言い表せる言葉にもなります。

いつも一緒に仕事している上司といると、その表情から気持ちを読み取れるようになった部下は何気なく目を向けるだけで気持ちが読み取れるようになるわけです。

まとめ

ふとした瞬間に相手と目が合うということは、あちらもあなたのことを気になる存在として見ていると分かります。

過去に付き合った人をふと思い出すのであればまだ気になっている証拠ですので、電話してみるなり、声をかけてみて、会いたい気持ちを伝えてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典