「またとないチャンス」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「またとないチャンス」

「またとないチャンス」は、セールやキャンペーンの広告などでよく見かける表現です。

今しかない、と購買意欲を煽られるものですが、ビジネスや日常生活で使っている人もいるのではないでしょうか。

「またとないチャンス」の意味

「またとないチャンス」は、漢字で書くと「又とないチャンス」になります。

「二度とないチャンス」や、「これ以上のチャンスはもうない」といった意味になります。

「千載一遇のチャンス」や、「一生に一度のチャンス」、と言い換えることができます。

「またとないチャンス」の言葉の使い方

「またとないチャンス」は、これを逃したら二度とこんなチャンスは訪れない、こんなチャンスは一生に一度しかやってこない、これ以上のチャンスには二度と巡り合えない、といった、大きなチャンスがやって来た時に使われます。

又、特別なセールなどをPRする時にもよく使われている表現です。

「またとないチャンス」を使った例文・短文(解釈)

「またとないチャンス」の意味と使い方を解説してきましたので、ここではこの言葉を使った例文をいくつかご紹介しましょう。

「またとないチャンス」の例文1

「人気商品をお得に手に入れられるまたとないチャンスです。どうぞお見逃しなく」

人気のある商品は特別に値下げをしなくても売れるものですが、より多くの人に商品の良さを知ってもらいたいなどの理由から、特別価格で販売されることがあります。

単価を下げたり、複数購入することで値下げをしたり、おまけがついてきたり、客がお得感を感じるキャンペーンを期間や数量を限定して行うのです。

「今しかない」とアピールされて、つい買ってしまったことがある人も多いのではないでしょうか。

「またとないチャンス」の例文2

「予期せぬ大口取引の話が舞い込んできて、業績を上げるまたとないチャンスだと大喜びしました」

予想もしなかったようなラッキーな話が突然舞い込んでくることがあります。

それは幸運としか言いようがないことのように思われますが、実は、その人の人付き合いや、取引先との付き合いなど、その人自身の日頃の行いが招いた結果なのです。

全く身に覚えのない上手い話が舞い込んでくることもありますが、上手い話に乗って騙されてしまうこともありますので、用心が必要です。

「またとないチャンス」の例文3

「あの時またとないチャンスを掴むことができたので、今日の私があるのです」

大きなチャンスがやってきた時に、それを上手く掴むことができるかどうかが大切なのです。

「チャンスの神様には前髪しかない」という言葉があります。

チャンスの神様が過ぎ去った後で髪を掴もうとしても掴めないから、目の前に現れたチャンスはすぐに掴まないといけないということを表している言葉として知られています。

自分はツイていないからチャンスなど訪れたことがない、という人の多くは、チャンスは来ているのに、それに気付けていないだけなのかもしれません。

「またとないチャンス」の例文4

「それはまたとないチャンスだったに違いありません。折角のチャンスを棒に振ってしまって後悔しています」

絶好のチャンスが訪れても、それに気付けないこともあります。

後から考えたら、あの出来事は大きなチャンスだったのに、なんて勿体ない事をしたのだろう、と後悔するしかありません。

一度棒に振ってしまったチャンスは二度と戻ってきてはくれませんので、いつでもチャンスを受け入れられるような精神状態を作っておくことも大切なことなのでしょう。

勇気が出せなかったためにチャンスを生かせなかったという人は、ここぞという時に強い気持ちを持てるように、日頃からポジティブ思考を心掛けると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典