「もったいない」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「もったいない」

もったいないという表現は日本語独特の表現であり、2004年にはケニア出身の女性環境保護活動家であるワンガリ・マータイ氏が「もったいないキャンペーン」を始めたことでも話題になりました。

漢字で表記されることもありますが、ひらがなで表記されることも多い言葉です。

「もったいない」の意味

もったいないというのはまだ他に役にたつにも関わらず無駄にされてしまって惜しいという意味をさすこともありますし、恐れ多いという意味を指す場合もあります。

例えばまだ使えるものを捨ててしまってもったいないということもありますし、あの男性は彼女にはもったいないなどと表現することもあります。

「もったいない」の言葉の使い方

例えばまだ使える車を捨ててしまったり、空になっているわけではない調味料を捨ててしまったりすれば、それはもったいないと言えるでしょう。

まだまだ外で使えるにもかかわらず、処分してしまったということで惜しいという気持ちを表現します。

また、例えば優しくてハンサムな男性が不良娘と付き合っていたら、あの男性は彼女にはもったいないのではないか、と使うこともできます。

「もったいない」を使った例文・短文(解釈)

それなら具体的にどのような例文が考えられるのでしょうか。

ここではもったいないという例文をいくつか紹介します。

「もったいない」の例文1

「アフリカでもったいない運動が始まった」

先ほども述べた女性運動家、ワンガリ・マータイ氏はもったいないという表現をアフリカの演説で行い、“MOTTAINAI”をキャンペーンの合言葉にしたと言われています。

それ以降、英語などでも使うことができる表現となりました。

彼女が2005年に日本にやってきたとき、このもったいないという言葉に感銘を受けたと言われています。

無駄のないように利用する、かけがえのない地球資源を尊敬する、という意味で彼女はこの言葉を合言葉とし、世界に広めていったのです。

「もったいない」の例文2

「もったいないから食材は無駄のないように使いましょう」

私たちは日々野菜や果物、魚や肉など、様々な食べ物を食べています。

そして野菜などは葉っぱなども食べることができますし、肉や魚も使える箇所を処分してしまったら非常にもったいないですよね。

最近ではもったいないという意識が高まったことにより今までは処分されていた部分までも調理で使う工夫がされています。

捨てる場所は極力少なくし、捨てる場合も資源ゴミとして活用したいものです。

「もったいない」の例文3

「あの人はまだ使えるものまで平気で捨ててしまうから本当にもったいない」

最近はリサイクルという感覚が高まりつつありますが、それでもまだ使えるものを平気で捨ててしまう人は少なからず存在するものです。

まだ食べられるものを捨ててしまったり、まだ使えるものを処分してしまったり、そのようなやり方は非常にもったいないですよね。

確かに自分の部屋や自分の家はきれいになるかもしれませんが、それは環境を汚しているということに気づかなければいけません。

「もったいない」の例文4

「彼女はあの男性にはもったいないよ」

博識で優しく、とても美人な女性がとてもつりあわないのではないかと思われるような男性と付き合っていたら、周りは「どうして彼女はあの男性と付き合っているんだろう」と不思議に思うのではないでしょうか。

もちろん、人間は見た目だけでは決まりませんし、お金があるからモテるというわけでもありません。

何かしら魅力があるのでしょう。

しかし、その魅力がわからない周りの人はゴシップをしますから、「もったいないよね」などと噂をすることがあります。

これは男性が女性に対して使うこともありますし、女性が男性に対して使うこともあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典