スポンサーリンク

「もみほぐし」と「オイルマッサージ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「もみほぐし」と「オイルマッサージ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「もみほぐし」「オイルマッサージ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「もみほぐし」とは?

「もみほぐし」とは、リラクゼーションが目的のマッサージの一種です。

筋肉を揉んで刺激を与え、コリをほぐします。

筋肉をもみほぐすと血流がよくなるため、疲労回復に効果があると考えられています。

「オイルマッサージ」とは?

「オイルマッサージ」とは、オイルを用いて行われるマッサージのことです。

オイルを使用してマッサージをすることで、オイルを使わないマッサージよりも滑りのいい施術が可能です。

筋肉のコリをほぐして血流をよくするほか、むくみの改善や、オイルの香りによるリラクゼーション効果が期待されています。

「もみほぐし」と「オイルマッサージ」の違い

「もみほぐし」「オイルマッサージ」の違いを、分かりやすく解説します。

「もみほぐし」「オイルマッサージ」もリラクゼーションが目的のマッサージです。

両方とも筋肉のコリをほぐしてくれるので、血流がよくなり、疲労回復の効果があります。

「もみほぐし」は通常、マッサージオイルを用いません。

リラクゼーションと疲労回復のために行われるのが「もみほぐし」です。

マッサージオイルを用いて施術が行われる場合、それは「オイルマッサージ」になります。

オイルを使ってマッサージをすることで、滑りのいい施術ができるようになります。

肌への摩擦ダメージを減らしたり、マッサージと同時に保湿が行えるようになるため、美容目的でも行われることがあります。

まとめ

「もみほぐし」はオイルを用いずに行われる、疲労回復のためのマッサージです。

「オイルマッサージ」はマッサージオイルを用いて行われるマッサージのことで、疲労回復のほか、保湿などの美容効果も期待できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典