「よもや」と「もはや」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「よもや」と「もはや」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「よもや」「もはや」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「よもや」とは?

「よもや」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「万が一にも、いくらなんでも」という意味で、「よもや気付くまい」などと言います。

基本的に下に打消しの言葉を伴って使われます。

アニメで有名になった「よもや、よもやだ」は、「いくらなんでもこうなるとは思わなかった」という意味で使われています。

2つ目は「(推量の表現で)きっと、たぶん」という意味で「よもや彼ならできるだろう」などと言います。

「そうだろう」「そうならないだろう」と言いたい時に使われます。

「もはや」とは?

「もはや」は漢字で「最早」と書き、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「あるものごとが早くも実現しようとしている様子」という意味で、「もはやゴールも間近だ」などと言います。

2つ目は「ある事態がもう変えられないところまで進んでいる様子」という意味で、「もはやこれまでか」などと言います。

上記に共通するのは「ものごとが進んでいること」という点です。

「よもや」と「もはや」の違い!

「よもや」「万が一にも、いくらなんでも」「きっと、たぶん」です。

「もはや」「あるものごとが早くも実現しようとしている様子」「ある事態がもう変えられないところまで進んでいる様子」です。

まとめ

今回は「よもや」「もはや」の違いをお伝えしました。

「よもやは打消し又は推量の意味」「もはやはものごとが進んでいる様子」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典