「アイスコーヒー」と「アイスティー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アイスコーヒー」と「アイスティー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アイスコーヒー」「アイスティー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アイスコーヒー」とは?

「アイスコーヒー」の意味と概要について紹介します。

「アイスコーヒー」の意味

「アイスコーヒー」は、「コーヒーに氷を入れて冷やした飲み物のこと」という意味です。

「アイスコーヒー」の概要

「アイスコーヒー」は、コーヒーに氷を入れて冷たくした飲み物のことを言います。

コーヒーは、コーヒー豆を焙煎して細かく挽いたものを、お湯で煮出してフィルターにかけた嗜好飲料です。

「アイスコーヒー」は普通のコーヒーに氷を入れるのではなく、最初から「アイスコーヒー用」として作るのが特徴です。

グラスに入れて、好みによりシロップやミルクを入れて飲みます。

因みに、海外では「アイスコーヒー」を飲む習慣がなく、カフェでもその様なメニューはありません。

「アイスティー」とは?

「アイスティー」の意味と概要について紹介します。

「アイスティー」の意味

「アイスティー」は、「紅茶に氷を入れて冷やした飲み物のこと」という意味です。

「アイスティー」の概要

「アイスティー」は、紅茶に氷を入れて冷たくした飲み物のことを言います。

紅茶は、茶葉を発行させて乾燥させたものを、お湯で煮出した嗜好飲料です。

こちらも普通の紅茶に氷を入れると風味が損なわれますので、最初から「アイスティー」専用の紅茶を作ります。

好みでシロップやミルク、レモンなどを加えて飲みます。

尚、「アイスティー」は海外から伝わった飲み方で、英語では「iced tea」になります。

「アイスコーヒー」と「アイスティー」の違い!

「アイスコーヒー」「コーヒーに氷を入れて冷やした飲み物」です。

「アイスティー」「紅茶に氷を入れて冷やした飲み物」意味です。

まとめ

今回は「アイスコーヒー」「アイスティー」の違いをお伝えしました。

「アイスコーヒーはコーヒーに氷」「アイスティーは紅茶に氷」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典