「アイドルタイム」と「ピークタイム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アイドルタイム」と「ピークタイム」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アイドルタイム」「ピークタイム」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アイドルタイム」とは?

「アイドルタイム」の意味と概要について紹介します。

「アイドルタイム」の意味

「アイドルタイム」とは「勤務時間内において仕事をしていない時間」という意味です。

「アイドルタイム」の概要

「アイドルタイム」は、日本語訳にすると「無作業時間」「遊休時間」で、勤務中で仕事をしていない時間のことを言います。

オフィスにおいては、特にやることがなくぼーっとお茶を飲んだり、普段はやらない書類整理などをしている時間、飲食店においては、開店していてもお客が入らずに、待っているだけの状態のことです。

「アイドル」は英語で“idle”と書き、「仕事のない」「働いていない」「遊んでいる」という意味で、タレントの“idle”(偶像)」とは違う言葉です。

自動車の「アイドリング(空回し)」もこちらの“idle”が由来になっています。

「ピークタイム」とは?

「ピークタイム」の意味と概要について紹介します。

「ピークタイム」の意味

「ピークタイム」「最も忙しい時間」という意味です。

「ピークタイム」の概要

「ピークタイム」は、日本語訳にすると「最高潮の時間」という意味です。

「ピーク」は英語の“peak”が日本語化した言葉で、「山頂」「最高潮」「絶頂期」という意味です。

飲食店ではランチタイムや夕方のディナータイムなど、お客が大勢やってきて混雑する時間帯のこと、公共交通機関では、朝夕のラッシュ時に乗客で混雑する時間帯のこと、メーカーでは機会がフル稼働している時間帯のことを言います。

「アイドルタイム」と「ピークタイム」の違い!

「アイドルタイム」「勤務時間中に仕事をしていない時間」です。

「ピークタイム」「最も忙しい時間」です。

まとめ

今回は「アイドルタイム」「ピークタイム」の違いをお伝えしました。

「アイドルタイムは暇な時間」「ピークタイムは稼ぎ時」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典