スポンサーリンク

「アウトソーシング」と「人材派遣」 の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アウトソーシング」と「人材派遣」 の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アウトソーシング」「人材派遣」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アウトソーシング」とは?

「アウトソーシング」を直訳すると、「アウト」

つまり、外を意味する言葉と「ソーシング」

つまり、調達を意味する言葉となり、外から業務を調達するといったものとなります。

自社以外の企業に業務の一部、または、業務そのものを依頼し請負ってもらうことができるサービスで、自社に誰か助っ人を呼ぶものではなく、「アウトソーシング」した企業で、業務を行ってもらうものとなります。

そのため、すべて、丸投げして業務を依頼することができ、スタッフへの指示や対応、といった面倒なこともすべて、「アウトソーシング」なら「アウトソーシング」を行った企業で自社の代わりに行ってもらうことができます。

これを利用すれば、業務もスムーズに進ませることができ、そのうえ、無駄な人件費を大幅カットすることが可能です。

ただし、自社の業務を外部の企業に持ち出すことになるため、情報漏洩の危険性や思い通りの出来にならないなどといったデメリットも考えられます。

「人材派遣」とは?

「人材派遣」とは、必要な時に必要なスキルを持った人材を期間限定で自社に派遣することができるサービスです。

これにより、社内で必要な業務を人材派遣によって来たスタッフに依頼することができます。

自分の目が行き届いたところで、随時、指示を出し業務にあたってもらうことができるため、細かな指示を行うことが可能です。

このようなメリットがある一方、毎回、一から指示を行うといった手間が負担になり、自分自身の業務を思い通りに進ませることができないといったデメリットがあります。

「アウトソーシング」「人材派遣」の違い

基本、自社の社員だけで仕事を行うことができない場合に依頼することとなる「アウトソーシング」「人材派遣」

この点においては共通です。

そのうえで、どこで業務を行うのかといった違いがあり、「アウトソーシング」の場合は、各「アウトソーシング」の会社内で行い、自社に誰かが来て業務を行うといったことはありません。

反対に「人材派遣」の場合は、自社に人が来て、社内で業務を行うこととなります。

その人の流れが大きな違いとなります。

また、デメリットにも違いがあり、「アウトソーシング」の場合は、社外に情報を持ち出す必要があるために起きる情報漏洩のリスクといったデメリット。

「人材派遣」には、忙しい中、一から説明や指示を行わなければいけないといったデメリットがあります。

まとめ

このような違いがある「アウトソーシング」「人材派遣」の違い。

そのため、必要とする企業側は、必要な業務内容に応じて、また、「アウトソーシング」「人材派遣」のメリット・デメリットを踏まえ、今の業務には、「アウトソーシング」が良いのか、「人材派遣」が良いのか考え、適した使い分けを行うものとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典